40代が熱くなる「大映ドラマカラオケ」の磁力

ドラマの名シーンを味わう絶妙な仕掛け

1980年代に放映された「大映ドラマ」(C)大映テレビ

ドラマの名場面を見ながら、カラオケを歌う。そんなありそうでなかったシチュエーションを実現した、第一興商のLIVE DAM STADIUMが「西部警察スペシャルカラオケ」を発表したのが昨年の4月のこと。SNS等でも大いなる反響を得たという好評を受けて、第二弾がリリースされた。それが「大映ドラマスペシャルカラオケ」だ。

ラグビーのテーマ曲といえば「ヒーロー」

「スクール☆ウォーズ」の主題歌「ヒーロー」はレコードもたくさん売れた

このスペシャルカラオケを企画したのは、第一興商・編成企画部の小倉博之チーフ。「大映ドラマはアラフォー、アラフィフ世代の幅広い層に遺伝子のレベルまでしみ込んでいる存在。主題歌と映像の結びつきが密接。この映像をカラオケで配信したい」と考えたのだと言う。

実際、アラフォー以上の世代にとって、80年代に放映された、いわゆる「大映ドラマ」は青春の記憶とともにあったと言っても過言ではないかもしれない。主人公が運命のいたずらに翻弄されながらも、幸運にも成功を手に入れていくストーリー。強烈な感情表現と、大げさなセリフ回しなど、映画を土台にした独特の演出が視聴者から熱烈な支持を得ていた。

次ページ名ナレーター芥川隆行のナレーションから始まる!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。