毎日メールはNG?「ストーカー認定」の境界線

「つきまとい」にあたる6つの言動・行動

「お仕事お疲れさま」。気になる女性へのメールがストーカー扱い……(写真 : HAteruma / PIXTA)

気になる女性にメールを送っていたら、「ストーカー」呼ばわりされてしまった……。そんな切ない経験をした男性が、ネット上に書き込みをしていました。

片思い中の女性に、1カ月ほど毎日メールを送っていたという男性。内容は、「お仕事お疲れさま」など当たり障りのない内容だったそうです。ところがある日突然、女性から「ストーカー行為はやめてください」と言われてしまい、ショックを受けたとのこと。

メールを送り続けただけでストーカー呼ばわりされるのはあんまりな気もしますが……。淡い恋心からのアプローチがストーカーになってしまう境界線について、中西祐一弁護士に詳細な解説をしていただきました。

これはストーカー行為?

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

A. 嫌がる相手にメールを送り続けて、逮捕されたケースも

意中の相手とメールなどでコミュニケーションをとりたいと思うのは、自然な感情でしょう。しかしメール送信も、あまりに行きすぎれば「ストーカー」となってしまうかもしれません。

「ストーカー規制法」では、特定の相手を待ち伏せたり、見張ったりすることを「つきまとい行為」として規制しています。つきまとい行為を、「相手に不安を覚えさせるような方法」で「反復して」行うと、「ストーカー行為」と判断されます。

次ページどのような行為が「つきまとい」になる?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ビームスの流儀

1976年に創業し、90年代の渋カジブームを牽引したビームスが今も元気だ。創業以来赤字知らず。40年、最先端を走り続けられる秘密は何か。設楽洋社長への独占インタビューを掲載。