ツチヤの貧格 土屋賢二著

ツチヤの貧格 土屋賢二著

電車の中で読むのはお勧めしない。評者など噴き出すこと数知れず、そのたびに顰蹙を買ったのではないかと車内をそっと窺って冷や汗をかいた。著者自らを肴に夫人、大学の同僚、教え子、知人友人が入れ代わり立ち代わり登場して揶揄、嘲弄、非難、批判の雨あられ、それがなんともおかしい。かつ上品ともいえないレトリック、隠喩、ダジャレの連発。この知的作業には頭が下がる思いだ。

お茶の水女子大の哲学教授だからといって学問チックではない。哲学的には、などと悩んで読むことはない。と思いはしたが、全編に深遠な哲学的含意がまぶされていたのではないかと、時とともに自信がなくなってきた。

週刊誌連載の人気エッセイを飽きずに次々に単行本化している著者も出版社も偉い。最大の取り柄は一篇が3ページ止まりなので、つまらなくてもすぐ次の話に移れることだ。とはいえ定価の元は十分とれた。何よりだった。(純)

文藝春秋 1300円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
攻防!たばこ規制<br>迫る全面禁煙社会

厚生労働省が「受動喫煙防止対策」を強化。今年の通常国会での法案提出を目指す。飲食店などでは「分煙ルームもNG」となり、客離れが生じかねない。飲食、娯楽業はどう対応するのか。