ほぼ電話しか使わないシニアのスマホ“最適解” スマホを「老親の味方にする」たった1つのコツ

スマートフォン(以下、スマホ)の普及率は年々上がり、今やシニア世代でも多くの人がスマホを使っている。ただ、不慣れなスマホを十分に使いこなせなかったり、不必要な機能を備えた高額プランを契約してしまったりするシニアも少なくない。そこでITジャーナリスト高橋暁子氏に70代以上の「スマホ最新事情」を聞くとともに、シニアの利用にも適したIIJmio(アイアイジェイミオ)のプランについて聞いた。

使いこなすコツは「小さく始める」こと

いわゆるガラケー(フィーチャーフォン)で使われていた通信規格「3G」のサービスが終了となる流れを受けて、ガラケーのユーザーはスマホなどへの移行を迫られている。

そうした中で、近年はシニア層でのスマホ利用が拡大している。ただシニアの中には「もったいないスマホの使い方」をする人も多いと話すのが、成蹊大学客員教授でITジャーナリストの高橋暁子氏だ。

「70代以上も、スマホの利便性を何となく知ってはいるものの、実際に使うハードルが高く、ほぼ“通話専用”になってしまっているという話をよく聞きます。また、通話プラスアルファ程度の使用にもかかわらず、契約しているプランがかなりオーバースペックになってしまっているケースも多いんです」(高橋氏)

高橋 暁子氏 (成蹊大学客員教授/ITジャーナリスト)
書籍、雑誌、Webメディアなどの記事の執筆、企業などのコンサルタント、講演、セミナーなどを手がける。 SNSなどのWebサービスや、情報リテラシー教育などについて詳しい。元小学校教諭。『ソーシャルメディア中毒 つながりに溺れる人たち』(幻冬舎)など著作多数。「あさイチ」 「クローズアップ現代+」などメディア出演多数

シニアがこうした「もったいない使い方」を避け、適切なプランでスマホをうまく使いこなすにはどうすればいいか。高橋氏が最大のポイントとして挙げるのが、「小さく始める」ことだ。

「あれもこれもと一気に始めるのはなかなか難しいです。だからまずは『これができたら便利だな』『わくわくするな』といった機能を、1つ始めてみるのがお勧めです。

例えばチャットアプリを始めれば家族や友人と密につながったり、災害などの緊急時に連絡を取りやすくなったりします。健康管理を行えるアプリなら、飲むべき薬を知らせてくれるものや、睡眠、体重、血圧、血糖値などを管理できるものもあるんです。ほかにも好きな時に孫の写真を見られる写真共有アプリや、これを機にバーコード決済を始めてみるのもいいでしょう。

それから、公園や道路といった現実世界を舞台にしてプレーするゲームは、意外にもシニアユーザーが少なくありません。『外を歩くのがおっくうになっていたけど、ゲームアプリのおかげで外歩きが楽しい習慣となり、足腰が強くなった』という話も聞いたことがあります」(高橋氏)

スマホの便利な使い方を1つ体感できると自然とできることが広がるだろう。そうこうするうちに、スマホの操作にも慣れて、いつの間にか『何でもっと早く始めなかったのか……』と思うほどスマホが生活に欠かせないものとなるかもしれない。

「“小さく始める”ことで、そうした流れに無理せず乗りやすくもなるでしょう」(高橋氏)

ガラケーより料金が安くなる場合も

では、使い方を踏まえたうえで、通信会社やプランは、どう選べばいいだろう。

「大きすぎるデータ通信量や不必要なオプションの付いた高額なプランを避け、“小さく始める”ことがプラン選びにおいても重要です。まずは必要最小限のプランを使ってみて、足りなくなったら、使用状況に見合ったプランに変更すればOKでしょう。

その意味でIIJmioはいわゆるシニアフレンドリーな通信会社だと思います。IIJmioは大手携帯会社の回線を借り受けて通信サービスを行うMVNO、いわゆる格安SIMなので、料金が大手携帯会社に比べてお手頃。

例えば、スマホデビューのタイミングで通話はしたいけれど、まだアプリなどによるデータ通信を利用できるか不安、という場合にはデータ通信量は『2ギガ』、通話は毎回5分間は定額内で通話できるかけ放題オプションを追加して『月額1350円』。小さく始めるのにうってつけだと思います」(高橋氏)

通話利用の優先順位が高い方にとって、通話定額オプションは、大きなメリットとなるだろう。定額内で通話できる時間ごとに(5分間、10分間、無制限)月額500円〜1400円で利用でき、6月のキャンペーンでは契約から6カ月間410円割引が適用される。

そしてIIJmioでは「2ギガ」「4ギガ」「8ギガ」「15ギガ」「20ギガ」の5パターンでデータ通信量が設定されているのでオーバースペックになりにくい点も特徴。加えて、足りなくなった場合にも「1ギガ・220円」で追加購入することも可能だ。

しかも、「料金プラン かんたん診断」を基に必要なデータ通信量の目安を知ることができる「2ギガ→家のWi-Fi利用が中心。外出先でネットはあまり使わない」「4ギガ→外出先のSNS利用やネット閲覧が中心」というように選びやすい。

画像を拡大
ギガ850円〜のリーズナブルな料金設定。5つのデータ通信量から選ぶことができるので、使い方に合わせてプラン選択が可能だ。電話を多く利用する場合は、通話定額オプションも組み合わせることもできる

ちなみにプラン契約をする際にわかりにくい年数縛り(契約から◯年以内に解約する場合は違約金が発生するなどのルール)がないため「試しに契約してみる」こともできるハードルの低さも特徴的だ。

一方で、格安SIM事業者は聞きなじみのないキャリア名だったり、実店舗を持たないケースが多く、街中で見かけないことから敬遠されることがある。実店舗がなければ「困ったときに相談できないのが心配」という声も聞かれる。だが、IIJmioは電話サポートセンターがあり、困ったときにはオペレーターに直接尋ねられるので実店舗へわざわざ足を運ぶ必要はない。

加えて、IIJmioは日本のインターネット界を支えてきた老舗企業「IIJ(インターネットイニシアティブ)」が運営し、通信環境を整えられる磐石な体制を築いてきた。実際、IIJmioは顧客満足度がJ.D. パワー、JCSIという2つの機関の調査で1位となっており、多くの利用者に支持されている(※)。回線の通信品質についても「利用が集中するランチタイムや夕方を中心に利用する方や、よほど大きなデータ通信量を使う方でなければ、品質が気になることはほとんどないでしょう」と高橋氏は解説する。

慣れないスマホに切り替え、それを使いこなすのは、頭の痛い問題かもしれない。一方、いざ使いこなせれば、スマホを人生の頼もしい“味方”に変えられる。シニアフレンドリーな格安SIMを活用しながら、ぜひそんなふうにピンチをチャンスに変えたいところだ。

>IIJmioのギガプラン詳細を見る

 

夏のお得なトリプルキャンペーン(2022年6月1日~7月31日)

2022年6月1日〜7月31日まで、IIJmioでは「夏のお得なトリプルキヤンペーン」を実施しております。
 

①初期費用割引特典

キャンペーン期間中に、新規でIIJmioモバイルサービス ギガプランをお申し込みのお客様へ、初期費用定価となっている3300円(税込)を割り引きいたします。

【初期費用の割引後金額】
・音声通話機能付きSIM(MNP転入/新規契約):2200円(税込)
・データSIM:2200円(税込)
・SMS機能付きSIM:2200円(税込)

 

②スマホ大特価セール

IIJmioモバイルサービス ギガプランへ他社からのお乗り換えで、最安1980円からスマートフォンを購入できます。(1契約者様当たり1台まで)

  

③通話定額オプション割引特典

新規お申し込みまたはご利用中の方が新たにIIJmioの通話定額オプションをお申し込みした場合、オプション料金を6カ月間410円割引きいたします。



【対象となる通話定額オプション】
・みおふぉんダイアル通話定額5分+
・みおふぉんダイアル通話定額10分+
・みおふぉんダイアルかけ放題+

 

>詳しくはこちら

※ 出典:J.D.パワー“携帯電話サービス顧客満足度No.1<MVNO部門>”…J.D. パワー2021 年携帯電話サービス顧客満足度調査。2021年月7月下旬~8月上旬にインターネットにて実施。スマートフォンを利用している2800人からの回答による。(jdpower-japan.com)総合的な顧客満足度に影響を与えるファクターを設定し、各ファクターの詳細評価項目に関するユーザーの評価を基に 1000 ポイント満点で総合満足度スコアを算出。総合満足度を構成するファクターは、総合満足度に対する影響度が大きい順に、「各種費用」(27%)、「通信品質」(25%)、「サービスメニュー」(20%)、「手続き・サポート対応」(15%)、「提供端末」(13%)となっている(カッコ内は影響度)。IIJmioは「各種費用」「通信品質」「サービスメニュー」「提供端末」の4ファクターにおいて最高評価でMVNO部門の1位を受賞/ JCSI(日本版顧客満足度指数)…2021年6月2日~11日、 2万4982人(順位に含む65企業・ブランドの回答者は、2万1658人)を対象とするインターネット調査において、MVNOブランドランキングで1位を獲得
資料請求
お問い合わせ