未来につながる「革新的テーマ」の今を探る

環境に優しいエネルギーを生み出す技術とは?

このマンガでご紹介したクリーンテックを含むeMAXIS Neo シリーズ関連コンテンツ
追加型投信/内外/株式/インデックス型
eMAXIS Neo クリーンテック

投資リスク
基準価額の変動要因:基準価額は、株式市場の相場変動による組入株式の価格変動や為替相場の変動等により上下します。また、組入有価証券等の発行者等の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の影響を受けます。これらの運用により信託財産に生じた損益はすべて投資者のみなさまに帰属します。したがって、投資者のみなさまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。投資信託は預貯金と異なります。主な変動要因は、価格変動リスク、為替変動リスク、信用リスク、流動性リスク、特定のテーマに沿った銘柄に投資するリスクです。ファンドは、中小型株にも投資を行うため、大型株中心に投資する場合に比べ、価格変動・信用・流動性の各リスクが大きくなる可能性があります。上記は主なリスクであり、これらに限定されるものではありません。くわしくは、投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。

ファンドの費用
上記の費用(手数料等)については、保有金額または保有期間等により異なるため、あらかじめ合計額等を記載することはできません。なお、ファンドが負担する費用(手数料等)の支払い実績は、交付運用報告書に開示されていますのでご参照ください。

当WEBページに関するご留意事項等
当WEBページは、eMAXIS Neo クリーンテックが投資テーマとする「クリーンテック」の概略をご紹介するために三菱UFJ国際投信が作成したものです。投資信託をご購入の際は、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断下さい。当WEBページの内容は作成時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。当WEBページは信頼できると判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性等を保証するものではありません。投資信託は預金等や保険契約とは異なり、預金保険機構、保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。販売会社が登録金融機関の場合、投資者保護基金に加入しておりません。投資信託は、販売会社がお申込みの取扱いを行い委託会社が運用を行います。販売会社は当社ホームページよりご確認いただけます。
(2021年7月作成)

ホームページアドレス https://www.am.mufg.jp/<お客さま専用フリーダイヤル> 0120-151034 (受付時間 営業日の9:00~17:00)
設定・運用…三菱UFJ国際投信株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第404号/一般社団法人 投資信託協会会員/一般社団法人 日本投資顧問業協会会員

 

 三菱UFJ国際投信(広告) 

お問い合わせ
三菱UFJ国際投信