仕事で成長する人は「自分磨き」に余念がない

高精度「年差±5秒」腕時計で得る時間管理力

スマートフォンをはじめとするデジタルデバイス全盛の今でも、時刻確認のツールとして高い信頼をおかれている腕時計。とくに正確な時刻を把握するためには、高い精度が必要だ。「ザ・シチズン」の「高精度 年差±5秒 エコ・ドライブ」なら時間管理能力が磨かれるうえ、高品質な腕時計を身に着ける喜びも味わえる。

時間管理能力を養うには
正確な時刻の把握が欠かせない

30代ともなれば、成功体験の積み重ねや失敗の反省を通じて、仕事の理解や自信が深まるとき。巷間で噂される“35歳転職限界説”も頭の片隅におきながら、理想とするキャリアパスの形成やさらなるステップアップを図るべく、自己研鑽や自己投資が欠かせない。

中でも必須なのが、時間管理能力だ。管理下にあるリソースを見極めたうえでこなすべきタスクを分析し、スケジュールに組み込んでいく。リモートワークの推進によって上司や同僚の業務状況が見えにくくなっている今ならなおさら、時間という絶対軸は重要だ。

時間管理の基本は、時刻・時間に厳格であること。「いつから」「いつまでに」「どれくらいの時間で」遂行すべきかの正しい判断が、時間管理能力の向上につながっていく。

そのため、いつも正確な時刻を把握できるようにしていなければならない。今ならデジタルデバイスでも確認できるが、どのような状況でもスマートに時刻確認できるツールとしては腕時計が最適だ。とくに時間管理の意識から、より正確なクォーツモデルを選択しているというビジネスパーソンも多いだろう。

「ザ・シチズン」だからこそ実現した
年差±5秒の高精度

だが、ただ「クォーツ時計」で満足しているだけでは、さらなる成長は望めない。

一般のクォーツ時計の精度は月差±15秒といわれており、数カ月使っていると分単位でズレが生じてしまう場合がある。わずかな狂いではあるが、電車に遅れてしまったり、きっかり5分前にクライアント訪問したつもりが本当はギリギリだったりという失敗につながりかねない。

実は、より正確なクォーツ時計があることをご存知だろうか?

「ザ・シチズン」の「高精度 年差±5秒 エコ・ドライブ」がそれだ。その名のとおり、年差±5秒という高精度を実現。数カ月どころか数年使い続けても、前述のトラブルを生じさせるほどの狂いは生じにくいだろう。

これは、シチズン独自の高精度技術による成果だ。ムーブメントのコアとなる水晶振動子の品質を高めるとともに部品の精度を追求し、わずかな偏りやズレを抑制することでこの驚異的な精度を実現している。さらには強い衝撃などによる針ズレから守る衝撃検知機能や、たとえ針ズレが生じても自動修正する針自動補正機能など、独自の先進機能で万一のリスクも低減させている。

また、わずかな光でも電力へと変換できる光発電エコ・ドライブを搭載している点も魅力だ。定期的な電池交換が不要であり、日常的に利用していればまず止まらないから、「針が止まっているのに気づかなかった」という失敗を回避できる。

これほど高精度なモデルをリリースしたわけは、「ザ・シチズン」というブランドを知れば理解できるだろう。1995年に誕生した「ザ・シチズン」は、「自らが理想とする『精度』『品質』『デザイン』『ホスピタリティ』に絶えず挑みつづけること」をテーマとしており、身に着ける方の人生に永く寄り添うことこそブランドのアイデンティティだからだ。

自分自身のさらなるステップアップに

また、この「高精度 年差±5秒 エコ・ドライブ」がシチズンのフラッグシップブランドモデルであることの証は、精度だけに限らない。

端正で気品にあふれた外観の美しさも、高品質時計にふさわしい魅力を放っている。

(写真左)切子面を加えたドーフィン針やインデックスは研ぎ澄まされた印象で高級感が漂う。放射状に筋目を入れたサンレイ仕上げも美しく上品。 (右)ケース側面からラグにかけて、流れるようなフォルムを表現。ザラツ研磨によって美しい輝きを放つ。

ドーフィン針とバーインデックスにはファセット(切子面)加工を施して輝きを増し、シャープで上品な印象を醸成。6時位置に鎮座したイーグルマークは「ザ・シチズン」のモデルであることの証明で、風格を感じさせる。アンティークな趣きのあるオールドシルバーと落ち着いた印象のダークブルーという2色とも、ビジネスシーンに馴染みやすいカラーリングだ。

ケースには歪みのない美しい面を作るザラツ研磨仕上げを採用。さらに、日常使用によるすり傷や小傷から時計を保護するためにシチズンが独自に開発した表面硬化技術「デュラテクト」が施され、サイドビューに見られる曲線美などをいつまでもそのままに味わえる。

トップクラスに位置づけられている「ザ・シチズン」の時計を手にすること自体にも、喜びがあるといえるだろう。「シチズン オーナーズクラブ」に登録すれば最長10年無償保証が約束され、無償点検といったサービスを受けることが可能になる。そうしたやり取りを通じて、時計への愛着はいっそう深まっていく。

(写真左)AQ4080-52A (右)AQ4080-52L ともに光発電エコ・ドライブ、ステンレスケース(デュラテクトプラチナ)、ケース径37.2mm径、サファイアガラス(クラリティ・コーティング)、10気圧防水、28万6000円(税込)

時間管理能力の向上だけでなく、自身のさらなるステップアップを図る意味でも、「ザ・シチズン」の「高精度 年差±5秒 エコ・ドライブ」はふさわしい1本となるだろう。いわゆる高級腕時計の領域ではエントリーモデルといえるポジションにあり、比較的入手しやすい価格帯でもある。周りの見る目も変わってくるだろうし、“高品質な腕時計を身に着ける”という新しい価値の目覚めは、自分の可能性を広げることにもつながるはずだ。
⇒ 「年差±5秒 エコ・ドライブ」詳しくはこちら

お問い合わせ