令和の東京が昭和より「夏が50日も長い」理由

「夏の終わり」は8月下旬?9月下旬?

令和の時代を迎えた現在、夏の期間が昔よりも長くなった――。こう聞いて自身の子どもの頃を思い出し、確かに今は夏の始まりが早く、そして終わりは遅くなっていると共感する人も多いのではないだろうか。東京の夏はなぜ、これほどまでに長くなったのか。気象予報士の依田司氏と、その理由を探った。

「夏の始まり」「夏の終わり」と聞いて、あなたは具体的にいつをイメージするだろうか。このたび、空調専業メーカーのダイキンが20〜60代の東京生まれ・東京育ちの人にアンケート調査を実施した。結果、半数以上の人々が「6月中旬」には夏の始まりを感じていること、一方で夏の終わりを感じるのは「9月中旬」以降であることがわかった。

ダイキン調査「累計で半数以上の人が、夏の始まりまたは終わりと思うタイミング」より集計
依田 司
気象予報士。1週間のうち6日間連続で全国各地を駆け回り、生中継で天気予報を伝える

一方「子どもの頃に感じていた、夏の始まりと終わりはいつだったか」の問いには、半数以上の人々が夏の始まりは「6月下旬」以降、「8月下旬」には夏が終わっていたと回答。夏の始まりは平均で約20日早まり、夏の終わりは約30日遅くなっていると感じていた。夏は、体感レベルで50日も長くなっているのだ。

夏が長くなった―─。人々がそう感じるのも理にかなっていると指摘するのは、気象予報士の依田司氏だ。「人は、気温がだいたい25度を超える時間が長くなると、暑いと感じます。実際に現在の東京では、6月の上・中旬から最高気温が25度以上のいわゆる夏日が増え始め、9月の中・下旬になると減少します。実際の気温と人々の体感がリンクしているのは興味深いことですね」

画像を拡大
東京の夏は、暑くなり続けている ※通常、熱帯夜は夜間の最低気温が25度以上の日を指すが、ここでは日最低気温が25度以上の日を便宜的に熱帯夜と定義し集計

ではなぜ、東京の夏は長くなったのだろうか。「大きな理由は気温の上昇です。1880年から世界の平均気温は0.85度、日本では1898年から1.2度も上昇しています。とくに東京では温暖化に加えて都市化(ヒートアイランド現象)の影響もあり、1875年に観測を開始してから、8月の平均気温が約3度も高くなっているんです(※1)」(依田氏)。

実際、東京では夏日だけでなく、熱帯夜(夜間の最低気温が25度以上の日)や真夏日(最高気温が30度以上)、猛暑日(同35度以上)の日数が右肩上がりで増えている。熱帯夜が増えれば、朝の時点ですでに気温が高い状態で一日が始まってしまい、時間が経つにつれ、気温は階段を駆け上がるように上昇していく。

天気予報のデータより、体感温度はもっと高いはず

この連載はこちら

「今や、天気予報で『最高気温35度』という数字を目にする日も珍しくありませんよね。ただ気象予報の基になる観測データは、芝生の上の高さ1.5メートルの位置に温度計を設置し、直射日光の当たらない環境で測ったもの。観測データが35度でも、日なたの路上なら直射日光に加えてアスファルトの照り返しがあり、体感温度はずっと高くなります。都市空間で私たちが体感する暑さは、データ上の温度以上なんですよ」(依田氏)

画像を拡大
東京の夏が暑い理由について、ダイキンの調査結果。「気温が高いから」よりも「湿度が高いから」の回答率が高かった

東京都内で生まれ育った依田氏。子どもの頃を思い返し、これほどの酷暑ではなかったはずと語る。「昔は、夕立が降ると空気がひんやりと涼しくなったのを覚えています。しかし、今は熱帯のスコールのように局地的に降る、いわゆるゲリラ豪雨が増えていますよね(※2)。すると、雨が上がっても湿度が高いため、空気が冷えるどころか余計に蒸し暑くなるんです」。

ゲリラ豪雨が増えたことも、平均気温の上昇と関係している。空気が水蒸気を持てる量(飽和水蒸気量)は、温度により異なるからだ。例えば25度の空気より30度の空気のほうが、飽和水蒸気量が約3割も多くなる。そのため湿度が同じでも、温度が高いほど積乱雲が発達しやすくなり、時にゲリラ豪雨をもたらすというわけだ。

「1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨や、80ミリ以上の猛烈な雨はいずれも、100年スパンで見ると増えている。気温だけでなく、雨の降り方も変化していることがわかります」(依田氏)

(※1)出典:IPCC第5次評価報告書 統合報告書、気象庁「日本の年平均気温偏差の経年変化(1898〜2018年)」、気象庁「東京 日平均気温の月平均値」 
 (※2)出典:気象庁「大雨や猛暑日など(極端現象)のこれまでの変化」

次ページ高齢者が「猛暑でもエアコンを使わない」のはなぜか
関連ページAD
お問い合わせ
ダイキン工業
連載ページはこちら