管理コスト約7割の削減をも実現した企業も

制作物内製化に伴う管理コスト削減策とは?

制作物をアウトソーシングすれば制作ソフトは必要ない――そう思う人もいるかもしれないが、その考えは今や古い考えだ。アドビ システムズが企業で制作物に関わる人たちに対して行った調査によれば、主要制作物の内製率はウェブサイトが56%、会社案内や社内外向け広報誌が58%、店舗や店内で使用するPOPなどは70%と少なくとも半数以上の企業が内製化に取り組んでいることがわかる。社外向け制作物を内製化する理由としては「コスト削減」「リードタイム短縮」「更新や修正を自分で行える」が上位を占めており、効率化と生産性向上への意識が背景にあることがうかがえよう。

働き方改革への取り組みを踏まえたうえでも、もはや無視できないトレンドとなってきている制作物の内製化。制作ソフトのライセンス管理は必須業務となりつつあるというわけだ。ならば、その負担をできるだけ軽減できるサービスを選ぶのが賢明だ。そこで注目したいのが「Adobe Creative Cloud」。

月額利用のサービスのため、初期費用が低く抑えられるほか、買取のソフトウェアではなくサブスクリプションのため資産ではなく経費として計上できるのも大きなメリットだ。導入によって、人件費や台帳に要していた紙やファイル代、保存スペースなどの管理コストは約7割の削減をも実現した企業事例もある。

そうした事例や「Adobe Creative Cloud」導入の効果やメリットをまとめたPDFを今回特別公開。無料ダウンロードできるので、ライセンス管理の省力化を考える一助にしていただきたい。