600色超あるエアコン、実は機能がウリな理由

白エアコンで満足の人があえて選ぶ魅力とは

600色以上あるエアコンは、薄さも大きな特長だ
近年、デザイン性を重視して家電を選ぶ人が増えている。しかも今、売れているデザイン家電は、サクサクのトーストが焼ける、ふっくらしたご飯が炊けるなど、機能も優れたものが主流だ。そのような中、エアコンにも、600種類以上ものカラーバリエーションをそろえたスタイリッシュな商品が出てきた。機能面はどうなのか。その実力を探った。
連載ページはこちら

ダイキンのエアコン「risora(リソラ)」をご存じだろうか。省エネ機能の向上とともに大型化が進むエアコンの中で、「risora」の厚さはわずか185mm。圧迫感を抑えて部屋になじむことを重視した極薄エアコンである。

「とにかく薄いエアコンをつくろう、というのが開発コンセプトでした」。そう話すのは、ダイキン工業の空調営業本部 事業戦略室で、商品戦略・アイデア商品創出プロジェクトに携わる野口愛子氏だ。

機能的妥協がいっさいないデザイン重視のエアコン

ダイキン工業
空調営業本部 事業戦略室
商品戦略・アイデア商品創出プロジェクト
野口愛子

エアコンの基本的な役割である冷やす、暖めるに加え、湿度や気流のコントロール、省エネなど、より快適な空間を創出するための高い機能を1つの筐体に収めようとすると、エアコンはどんどん大型化する。

だが、薄くしてデザイン性を高めるからといって、機能をそいで妥協する考えはいっさいなかったという。そこで「risora」では、主要な部品を一から開発。技術的な課題を一つひとつクリアして、製品化にこぎつけた。

例えば、風向きを調整するフラップ。部屋全体を快適に冷やす「天井気流」と、風が体に当たらず足元から暖かい「垂直気流」をつくり出す機能を実現するために、新しい構造のフラップを開発した。ダイキンの最上位機種「うるさら7」同様の気流の吹き出しが可能だという。

「こうして機能にこだわったからこそ、薄さというデザイン性を追求することができたのです」と野口氏は世界的空調専業メーカーとしての自信を示す。

こうした確かな技術をベースにした革新的なデザインへの挑戦。そこから生まれたシンプルな外観の「risora」は、それ自体では、強い存在感を放たない。しかし、「壁に取り付けられた瞬間、インテリアの一部として自然に空間に溶け込み、部屋が完成することを狙っています」と野口氏は説く。

悪目立ちするような主張はせず、空間と調和するからこそ、部屋に置かれて初めてエアコン機能を備えたインテリアとして「risora」が映えるというわけだ。

次ページ選択肢が多すぎて困るほど、カラバリをそろえた理由とは?
関連ページAD
お問い合わせ
ダイキン工業
連載ページはこちら