梅雨時の洗濯、プロ実践「部屋干し」5つのコツ

外干し派も納得「乾きにくい、臭う」を解決

部屋干しが増える季節が到来
もうすぐ梅雨。うっとうしい雨が続くこの季節の悩みといえば、「洗濯物がたまってしまうこと」ではないだろうか。いつもは外干しという人も部屋干しをせざるをえないのかもしれないが、一方では共働き家庭が増えてきていることもあってか、日常的に部屋干しという人も近頃では多いようだ。そこで、部屋干しのコツを家事アドバイザーの矢野きくの氏に聞いた。

湿度が上がり、じめじめした日が続く梅雨まで、あとちょっと。洗濯物はお日様の力でパリッとさせたい外干し派にとっては、イライラが募る季節だ。そこでおすすめしたいのが「部屋干し」。「えっ?」と思う人もいるだろう。だが、部屋干しのメリットは思いのほか、多い。実際、家事アドバイザーの矢野きくの氏も20年来の部屋干し派だ。

家事アドバイザー 矢野きくの

「いつでも、洗濯したいときに、洗って干せるという時間的制約のなさと、花粉やPM2.5などの外的要因から衣類を守るという点において、部屋干しには外干しにないメリットがあります。

干す環境を整え、干し方を工夫すれば、外干しと遜色のない仕上がりになります。共働き世帯が増えるなど、近年ではライフスタイルも大きく変わってきたことから、時間にとらわれない部屋干しを見直してみてもよいのではないでしょうか」と言う。

ダイキンが行ったアンケート調査「共働き核家族世帯における住宅内空気の困り事調査」(2019年4月実施、n=400)からも、共働き世帯において部屋干し派が増加していることがうかがえる。共働き世帯の2割以上が「毎回部屋干し」、6割以上が「状況に応じて部屋干し」と、合わせて85%近くが「部屋干し経験あり」。干す場所は、「リビング」が半数近くと圧倒的だった。

部屋干しの理由は「雨の日対策」が多く、花粉対策や夜間に洗濯するからという回答も多い。また部屋干しの不満に多い「カラッと乾かない」「外干しより乾くのに時間がかかる」「部屋がじめじめする」は、湿度に関する困りごとで洗濯物が臭くなる原因だ。

雑菌の繁殖を抑えることと、速乾がカギ

連載ページはこちら

実際、部屋干しの不満では「洗濯物が臭くなる」という回答も38.3%もあった。しかし、矢野氏は「臭いの原因は、洗濯物に残っている雑菌が、長時間湿っていることで繁殖するから。雑菌をできるだけ抑える工夫をすれば、臭わないようになります」と話す。

では、どうすればいいのか。ポイントは洗濯したものに雑菌を残さないようにする、極力短時間で乾かす、という2点に集約される。これを踏まえたプロ実践の部屋干しのコツは次の5つだ。

次ページ5つのコツで「部屋干し」の悩みが一気に解消
関連ページAD
お問い合わせ
ダイキン工業
連載ページはこちら