日本オラクル

予想もしなかった新しい成果が必ず生まれる

データビジネスへの転換に必要なことは何か

グローバル化やデジタル化が急速な勢いで進む中、新たな経営手法の導入が多くの企業で求められている。とくに、デジタル化の浸透によって、データの活用こそがビジネスの中核になりつつあると感じているビジネスパーソンは少なくないだろう。

戦後の日本企業が、大量生産で成長したような時代はすでに終焉し、今やITインフラを構築して、さまざまなデータを集め活用することが、企業の経営戦略上、避けて通れない時代となっているのである。

例えば、企業がAIやIoTを活用したデジタルトランスフォーメーションに取り組む際、データの活用が大前提になる。では、日々蓄積されるデータとビジネスをトータルに組み合わせ、いかに顧客の新たなニーズを見つけ出せばいいのか。そんなとき大いに役立つのが、データ管理のシステムだ。

しかし、多くの企業において、データを管理するためのITインフラの構築や運用、維持メンテナンスに、非常に大きな労力がかかっている。システムを使うにも手動で管理したり、担当者がメンテナンスしたりしなければならないため、人的ミスが発生する可能性は決して低くはない。セキュリティー面についても、不安な要素がある。

企業が効率的にシステムを運用するために必要な条件とは、まず「運用にコストをかけない」ことだ。もし運用コストを下げることができれば、そのコスト分を顧客サービスの拡充など、中核ビジネスの充実に回すことができる。

次に大事なのは「人的ミスをなくす」ことだ。信頼性や効率性の成果を確実に享受することができれば、安心してビジネスを進めることができる。

そして「システムの稼働を中断させないこと」も重要だ。メンテナンスのたびにシステムを中断させていては、機動性が求められるビジネスに十分に対応することができない。臨機応変にスピード感のあるビジネスを行うには、いかなる時間も無駄にはできないはずだ。

では、企業はこうした条件をいかにクリアすればいいのか。そんなとき、大きな味方となってくれるのが、オラクルが提供する自律型データベースクラウド「Oracle Autonomous Database Cloud」だ。「Oracle Autonomous Database Cloud」を活用すれば、これまで予想もしなかった新しい成果が必ず生まれるという。

無料でダウンロードできるレポートでは、「Oracle Autonomous Database Cloud」のメリットや活用方法などについて、紹介する。クラウドの導入を検討している企業はもとより、今後、データを活用したビジネスに力を入れようとしている企業にとっても、大いに参考になるに違いない。

>>「Oracle Autonomous Database Cloud」の詳細はこちら

資料請求