「花粉症」悪化させる物質が都会に多い理由

スギ花粉飛散量ピークは3月、未発症でも注意

優しい風が頬をなで、木々が芽吹き、花が咲く。春が近づくと、憂鬱になる人も多いのではないか。理由は言うまでもなく、春風に乗ってやってくる「花粉」。東京都のスギ花粉症推定有病率は48.8%と、まさに都民の約半数が花粉症を発症している(東京都『花粉症患者実態調査報告書』2017年12月発表)。毎年日本中を悩ませている花粉、実は「都会ほど悪質」という事実をご存じだろうか。


 関東では2月下旬から3月以降スギ花粉の飛散量が多くなる。いよいよ本格的な花粉シーズン到来といったところだが、実は自然豊かな場所に比べ、都会の花粉はより「タチが悪い」という。

この連載はこちら

その理由は、排気ガス(ディーゼル排気粒子)やPM2.5といった「アジュバント物質」と呼ばれるものの存在にある。地面の大半がコンクリートやアスファルトに覆われた都会では、花粉が土などに吸収されず、風を受けて何度も空中に舞い上がる。そのため「アジュバント物質」が花粉に付着しやすく、わずらわしい花粉症の症状をさらに悪化させている。

ここで、花粉症のメカニズムについて説明しよう。人間の体は、侵入してきた花粉を異物とみなすと、それに対抗するため「IgE抗体」を作る。このIgE抗体に再び花粉が入ると、くしゃみや鼻づまりといったアレルギー症状を引き起こすのだ。この反応が繰り返されてIgE抗体が一定量蓄積されると、抵抗力とのバランスを崩して花粉症を発症するといわれている。

花粉症が発症するしくみ

さらに、花粉とアジュバント物質が一緒に体内に取り込まれると、IgE抗体の生成が促進される。そのためアレルギー症状が悪化したり、未発症の人でも花粉症を発症する可能性があるのだ。アジュバント物質が空気中に多く浮遊している都会の花粉ほど「タチが悪い」理由がここにある。

花粉症対策に有効「ストリーマ技術」って?

老若男女問わず多くの人の生活課題となっている花粉症。これに貢献するべく、空調専業メーカー・ダイキンが開発した技術が「ストリーマ技術」だ。これは花粉の分解のみにとどまらず、あわせてアジュバント物質の活性も抑制するという画期的な空気浄化技術である。

ダイキン工業 テクノロジー・イノベーションセンター
田中利夫

開発を担当したダイキン工業 テクノロジー・イノベーションセンターの田中利夫氏は、ストリーマ技術についてこう説明する。

「プラズマ放電により空気中に電子が放出されると、空気中の分子と電子が結びついて、酸化分解力を持つ『分解素』が生成されます。プラズマ放電の一種である”ストリーマ”は、広範囲にプラズマ放電の空間を作り出すことが特長です。たとえば雷が落ちる時、通常はどこか1カ所に落ちますよね。ストリーマ放電の場合、より広い地域に雷が落ちるようなイメージです」(田中氏)

ストリーマ技術では、いわば3次元的に、そして広範囲にプラズマ放電の空間を作り出す

ストリーマ放電の酸化分解力は、一般的なプラズマ放電のなんと1000倍ともいわれ、非常に大きなパワーを持っている。実際ストリーマ技術によって、スギ花粉のアレルゲン活性を99.6%も抑えられることが実証されている※。

「ストリーマ放電は、空間中に酸化力の強い高速電子を大量かつ安定的に作り出します。これによって生み出された4種類のストリーマ分解素(分子)が、花粉やアジュバント物質の活性を抑制してくれるのです」と、田中氏はその斬新さを語る。

※2004年、ダイキンと和歌山県立医科大学が共同で実証

次ページダイキンがこだわりぬく「空調の4要素」
関連ページAD
お問い合わせ
ダイキン工業
連載ページはこちら