世界で売れるダイキン、強さの秘密(後編)

エンジニアから販売スタッフまで自前で教育

「女の子を学校に通わせる必要はない」。経済的に余裕のないインドの家庭では珍しくない考え方だという。この動画は、そんな家庭に生まれた好奇心旺盛な1人の少女が母の反対に遭いながらも、自らの道を切り開いていく物語である。思わず涙してしまうこの動画は、昨年インドのモディ首相来日時の記念イベントでも上映され、会場の人たちの感動を呼んだという。
連載ページはこちら

かねてからインドでは、女性は家庭に入ることが伝統とされてきた。最近ではグローバル化が進み、都市部において変化が見られるものの、社会に出て働く女性はまだ少ない。そこでインドでは、国を挙げて女性の社会進出を促す支援策を拡大している。

父の後押しがあって、無事に学校に通うことができた動画の少女は、優秀な成績で学校を卒業する。だが、弟を大学に行かせるため、自分の進学は金銭的な理由から諦めざるをえなかった。

もともと、ものづくりに興味があり「社会に出て働きたい」と思っていた彼女は途方に暮れる。そこに弟が現れて手渡したのが、ダイキンが「ものづくり学校」を開設するという新聞記事だ。その新聞を手に、家族を説得し、晴れてものづくりを学ぶことができるようになったという話である。

女性の社会進出にも貢献し、インドで存在感増す

ダイキンは、日本の経済産業省とインドの技能開発・起業省が協力してインドの製造分野における人材を育成する「ものづくり技能移転推進プログラム」に参画し、2017年に「日本式ものづくり学校(JIM:Japan-India Institute for Manufacturing)」を開校した。

インド北西部ラジャスタン州の2.5万m2の土地に約5億円をかけてトレーニングセンターを作り、日本の技術や現場の規律などを教え、空調エンジニアを育成している。

「16年に、日本とインドの間で『ものづくり技能移転推進プログラム』の協力覚書が締結されました。Made in Indiaを掲げるモディ首相から、エンジニアを育ててほしいという要請があり、参画日系企業3社(当時)のうちの1社として当社にお声がかかったんです。インドのためにやっているんですが、ダイキンにとってもプラスになっています」

ダイキン工業 常務執行役員 グローバル戦略本部長 峯野義博

こう話すのは、ダイキン工業グローバル戦略本部長の峯野義博氏だ。ダイキンは、インドでの売り上げの2%を「日本式ものづくり学校」に拠出するとともに、動画のような農村に暮らす女性たちの社会進出にも貢献するなど、インドでの存在感を増している。

ダイキンは09年に業務用エアコン、12年に家庭用エアコンでインド市場に進出し、今やインドの空調市場を牽引するポジションにまで上り詰めている。14年以降、実質7%近いGDP成長率を維持し(外務省調べ)、驚異的な経済成長を続けるインド。今後も中間所得者層の増加が続くとみられることから、エアコンの潜在的な需要が見込まれている。まだまだ伸びる市場をどう取り込むのか。峯野氏は、何より重要となるのは人材の育成だという。

「うちは研修とトレーニングに、ものすごい力を入れています。『日本式ものづくり学校』では年間で50人、10年間で500人、ダイキンが費用を負担して教育するんですよ。伸びているからできることですが、将来的にはうちの従業員として雇用できる可能性もある。

エンジニアに加え、販売店の人材育成にも力を入れている

ほかの日系企業のようにダイキンのインド事業も、今はカルカッタとか、デリーとか、チェンナイとか、大都市が中心ですが、これからは小さな都市にも進出していく。そこではエアコンのことを知らない人も多いんですよ。まだ普及率が5%ですから、まずはエアコンとは何かを知ってもらわないといけない。

だから、工場で働くものづくり人材の育成とは別に、トレーニングセンターで技術を教えてエアコンの据え付けや修理を担当する技術者も育てる。そして売ってもらうために、販売店の人材教育にもお金と手間をかけて、自前で販売網をつくっている。

インドの市場ニーズに合わせた戦略をすべて遂行するうえで、やはり重要となるのは『人』だと考えているからです。ダイキンには『人基軸の経営』という理念があります。一人ひとりの成⾧があって初めて企業は発展するという考えです。この理念に基づいてアジア・オセアニアでも事業を展開し、市場を攻略してきたわけです」

次ページインドからアフリカへ、その勝算は?
関連ページAD
お問い合わせ
ダイキン工業
連載ページはこちら