健康リスク大「寒さをひたすら我慢」の過ち

手遅れになる前に…家を建てる時の一工夫

リビングや寝室など居室空間はしっかりエアコンを効かせて暖かく。しかし、一歩廊下や洗面所、トイレなどの非居室空間に出れば震えるほど寒い……。あなたの住まいでも、身に覚えはないだろうか。室内の温度差や低温は時に「ヒートショック」の原因となり、循環器系疾患などを引き起こす。こうしたリスクから家族を守るため、有効な対策はないだろうか?

家庭の浴槽での溺死者数は、交通事故死亡者数より多い

日本の住宅建築と健康の関係を研究してきた近畿大学建築学部学部長の岩前篤教授によると、いわゆる「ヒートショック」には2パターンあるという。

この連載はこちら

「まず一つは、急激な温度差が原因となるもの。体が温度差にさらされて血圧が上昇し、主に循環器系の疾患を引き起こします。年間1万人以上が亡くなっているともいわれ、夏場の熱中症による死亡者が約1000人規模であることと比べても、非常に多いですね」(岩前氏)

出典:厚生労働省「人口動態統計」、内閣府「交通安全白書」

この典型的な例「家庭の浴槽での溺死者数」は、この13年間でなんと1.9倍に増加。交通事故による死亡者数を上回っている。

「そしてもう一つは、低温が原因となるものです。急激な温度差とは対照的に、寒さそのものが緩やかに健康被害を及ぼすのです」と岩前氏は語る。日本では年に12万人、死因の約10%がこの現象で亡くなっているという報告もあり、被害は深刻だ。

岩前氏は以前、新築戸建て住宅に転居した家族を対象に、転居前と転居後の体の状態について調査を行ったという。「結果、断熱性の高い家に転居した家族ほど体の不調が改善しました。注意すべきは室内の温度差だけでなく、低温の生活環境そのものなのです」と警鐘を鳴らす。

近畿大学 建築学部 学部長
教授・博士(工学)
岩前篤

興味深いことに、ヒートショックがこれほどまで多くの被害を及ぼしている背景には、日本独自の事情があるという。

「欧米では『ルームヒーティング』という言葉どおり、暖房は空間全体を暖めるものとされます。一方日本では、暖房とはすなわち『採暖』する方法、あくまで人を暖める手段と認識されている。さらに木造の家は温度コントロールが難しいこともあり、欧米で盛んな『セントラルヒーティングシステム』は普及していません。暖房に関わる考え方そのものが大きく異なります」(岩前氏)

実際にヒートショックは、室内でも温度が低い浴室や脱衣室、トイレなどで発生するケースが多い。室内で感じる「寒さ」の実態について、空調専業メーカー・ダイキンが首都圏在住の女性200人を対象に調査を行った。

まず冬場に住宅内で寒さを感じる空間・場所は、「洗面室・脱衣室」「廊下」が70%以上、「玄関」67%、「トイレ」約60%など、いわゆる非居室空間の返答が多数を占めた(下図参照)。6~7割の女性が、家にいながら寒さを感じているという結果だ。

また場所別の暖房器具使用率では、リビングや寝室といったいわゆる「居室空間」で軒並み使用率が高かった。一方で、洗面所やトイレ、廊下といった「非居室空間」では非常に低い。

次ページ「寒くても我慢」…精神論がはびこる現状
関連ページAD
お問い合わせ
ダイキン工業
連載のご案内