あなたの住まい、どうやって売る?

納得価格でより早く売るためのサービス登場

中古マンション市場は供給過多傾向に

首都圏でマンションを売却する人が増えている。公益財団法人東日本不動産流通機構によると、2018年8月の中古マンションの在庫は4万6376件で、前年比で8.2%増加。2015年6月から39カ月連続で前年同月を上回ったことになる。一方で、成約件数は前年比で1.7%増にとどまっている。直前の3カ月間は前年同月を下回っていたこともあり、すでに中古マンション市場はピークアウトしたとする見方もある。

こうした状況下で、所有するマンションをより納得のいく形で売却するには、早め早めの対策が必要だ。

ヤフーとソニー不動産が共同で運営する不動産売買プラットフォーム『おうちダイレクト』では、2015年11月のサービス開始以来、売り手、そして買い手のニーズに合わせた、さまざまなサービスを提供してきた。

たとえば、AIによる売却額のシミュレーション機能(オーナー登録)の提供がその一例だ。マンション名と部屋番号を入力すれば、ソニー不動産が開発したAIで、約60秒で、「おすすめ売り出し価格」と「推定成約価格」が把握できるので、具体的な売却手続きに入る前に、いくらくらいで売れそうかの目安がわかる。(詳細はこちら

従来の『AI査定』に加え『不動産のプロによる一括査定』という選択肢

「AI査定など合理的かつ先進的なサービスを好む方がいる一方で、初めての不動産売却で不安がある、いろいろと相談したいという方もいらっしゃいます。そうした方のために、複数社に一括で査定依頼することで、不動産のプロに相談しながら売却活動を行えるサービスを始めました」(ソニー不動産プラットフォーム事業担当執行役員の青木和大氏)

次ページ『一括査定サービス』の特徴とメリットとは?
お問い合わせ
おうちダイレクト
  • お問い合わせ電話番号
    おうちダイレクトサポートダイヤル
  • 0120-611-919(通話料無料)
  • 対応時間:10:00~18:30
    ※火曜日、水曜日、年末年始、ゴールデンウィーク、夏季休業を除く