ダイキン「新工場のIoT化」に熱心な理由

第4次産業革命で勝ち残るのは誰だ

生産ラインのすぐ横に設置された「工場IoTプロジェクトセンター」(ダイキン 堺製作所 臨海工場)
このほどダイキンは、国内で25年ぶりとなる新工場を大阪・堺に稼働させた。ビル用マルチエアコンを生産する新工場では、さまざまなモノがインターネットにつながるIoTを活用。顧客のニーズに応じた受注生産品を大量につくるマスカスタマイズ生産ができる体制を整えた。今後は、こうしたものづくりのやり方を根本から変える第4次産業革命の波に乗れるかどうかが、この先も競争力を持った企業でいられるかどうかの分かれ目になる。

IoTでものづくりが劇的に変わる

もはやIoTという言葉を聞いたことがないという人はいないだろう。IoT(Internet of Things)とは、一言で言えばパソコンやスマホといった情報通信機器のみならず、身の回りのあらゆるモノがインターネットにつながること。それによって、モノ同士が情報を共有、連携して相互に制御する仕組みを指す。

この連載はこちら

このIoTが、ものづくりの世界を大きく変えようとしている。これまで過去3回にわたって起きた産業革命は、いずれも社会に大きな変革をもたらした。蒸気機関の発明によって機械化を実現した第1次産業革命、電力によって大量生産が可能になった第2次産業革命、コンピュータによって機械の自動化が図られた第3次産業革命――それに続く第4次産業革命の主役の一つがIoTというわけだ。

産業構造が大きく変わろうとする中で、IoTをはじめとする情報技術分野が製造業の新たな競争ドメインになると見込まれている。それを見据えて、ドイツは「Industry4.0」、米国は「Industrial Internet Consortium」、中国は「中国製造2025」といったように国を挙げて産業政策を掲げ、ビジネスモデルの再構築を加速している。その波に乗り遅れれば、いま競争力を発揮している企業であっても生き残りは難しいかもしれない。

では、IoTによってものづくりはどう変わるのか。ダイキンの新工場の中身を知ると、そのインパクトの大きさが見えてくる。

新工場ではビル用マルチエアコン「VRV」を生産

今回、ダイキンが大阪・堺に稼働させたのは、国内シェア4割超のビル用マルチエアコン「VRV」、年間6万台の生産を担う堺製作所 臨海工場だ。ビル用マルチエアコンとは、1台の室外機と複数の室内機を接続することが可能な業務用エアコン。オフィスフロアなど広い空間を効率よく快適に空調できるのが特長で、ダイキンがグローバルで普及を目指す主力商品だ。

ここでは、すべてのモノがネットにつながるIoTの技術を取り入れ、顧客ニーズに応じてそれぞれの納入物件に合わせて仕様を変えた受注生産品を大量に生産するマスカスタマイズ生産を目指している。

次ページIoTで工場は、どう変わったのか
関連ページAD
お問い合わせ
ダイキン工業
連載ページはこちら