セールスフォース

人材不足で悩む前に今すぐやるべきこと

知らぬ間に貴重な案件を逃していませんか?

限られた人材の中で、企業を成長させるためにはどうすればいいのか。この問いに対し「営業力の強化」と答える人がいるかもしれないが、そう簡単な話ではない。最近の営業現場では、顧客の情報力アップや販売する製品・サービスの複雑化により、これまで以上にスピードと高度なスキルが求められているからだ。

実際、営業現場からは「市場競争が激化している」「顧客からの厳しい価格交渉がある」「顧客の要求レベルが上がっている」といった声が多く上がっているという。このような場合、営業部門だけではなく、営業力の強化とは直接関係ないと考えがちな、情報システム部門や経営部門なども含めた組織全体が部門横断的に連携して、それぞれの役割を効率的に果たすことが欠かせない。しかし、部門ごとの業務に追われ、なかなかうまくいかないと頭を抱えている経営者も多いはずだ。

画像を拡大
Salesforceで営業マネージャーの仕事はどのように変わるのか

こうした問題を解決してくれるソリューションがあったとしたらどうだろう。たとえば、営業部門におけるマネージャーの役割は、チームをまとめ、難しい案件やトラブルを担当者と一緒に解決し、チームの目標を達成することだ。しかし、従来のやり方では実際の営業活動が見えず、担当者に適切なアドバイスができないことも多いという。

こんな時、セールスフォース・ドットコムのSFA(営業支援ツール)「Salesforce」を導入すると、担当者の活動情報が”見える化”され、マネージャーは個々の案件に合わせたアドバイスやコーチングが行えるようになる。大企業はもとより、人材不足や生産性の向上などの課題を抱える中小企業こそ、こうしたツールの活用が求められているのではないだろうか。

詳しくは無料でダウンロードできるPDF「役割別Salesforce導入のメリット~経営者、営業部門、情報システム部門での活用方法~」に記されている。これまでの方法での営業力に限界を感じているという方、現状の営業力に満足できない方は、ぜひ参考にされてはいかがだろうか。