リクルート発・挫折知らずのTOEIC対策

オンラインコーチ伴走で過去最高点実現へ

特筆すべきは、彼らが「英語の先生」ではなく「コーチ」であること。英語を教えるだけでなく、ユーザーの悩みに寄り添ってガイドしてくれるのだ。コーチ自身も過去にTOEICスコアアップに取り組み800点以上獲得した経験を持っており、また英語指導経験が豊富な者も多いため、ビジネスパーソンの悩みを正確に理解できる。加えて、コーチのほとんどは在宅勤務。英語の指導能力・経験を生かした新しい働き方としても、市場に新たな風を吹き込んでいる。

山道 志帆さん
スタディサプリENGLISH
パーソナル英語コーチ

実際にコーチの1人として指導にあたる山道志帆さんは、こう説明する。「TOEICに臨む社会人の多くは、学生時代にも熱心に英語を勉強してきています。英語がまったくできない・馴染みがないのではなく、スコアアップのためのコツを知らなかったり、学習時間をうまく確保できないだけなのです。私たちコーチは、そうした課題を一つひとつ潰していき、確実に目標達成できるようサポートします」

ユーザーは、登録時に3ケ月プログラム(6万8000円)か6ケ月プログラム(9万8000円)(ともに税別)を選ぶ。すると、現在のスコアや目標に合わせて担当コーチが決定し、30分の面談を経て目標スコアや勉強方法を正式に決めていくという流れだ。

3カ月以内に平均100点以上アップの実績

「いつも、目標スコアは高く設定するよう提案しています。それがユーザーにとってもモチベーションにつながるからです」(山道さん)。体験モニターの平均スコアアップ値は100点以上。中には、3カ月で730点から965点と、点数の伸びにくい高レベル帯ながら200点以上上がった例もあるという。

コーチとは、チャット形式で日々コミュニケーション。相談も気軽にできる

期間中は、コーチにその日の学習内容を毎日チャットで報告。コーチからも具体的なアドバイスや励ましの言葉がすぐに返ってくるから、戒めと同時に励みにもなる。「勉強内容の報告とともに、その日の出来事や感想などを一言書いていただいています。またそれに返信するのも楽しみです。一人ひとりとしっかりつながって、緊張感あるコミュニケーションをとれている実感がありますね」(山道さん)。挫折しにくさの秘訣は、この密な関係性にもあるようだ。

五月女さんは、「3ケ月プログラムの場合、目標の勉強時間は1日2時間。そんな時間は取れないと思われがちですが、すき間時間の活用方法や勉強方法のコツをコーチが指導し、できる限り無駄がないよう改善するので、不思議とこなせてしまうのです。ユーザーからは『おかげで学習習慣がつき、期間終了後も継続して英語を勉強しています』という声も多く、嬉しく感じています」と胸を張る。

無駄のない勉強方法のサポートと、適切かつ充実した教材という強力なダブルタッグが決め手のこのサービス。短期間で成果を出せるコーチングで、ぐんぐん伸びる英語力を実感しよう。

 
お問い合わせ
リクルートマーケティング
パートナーズ
関連ページ 英語特集
英語を喋れない人はこんな勘違いをしている