本物志向時代のスーツ選び

「J∞QUALITY」が、その証。

いわば、今強まっている「本物志向」の中で商品の優位性を高め、日本製の商品がさらに多く選ばれるよう貢献し、生産者と消費者が求めているものを追求していく。それが本当の日本品質の証明「J∞QUALITY」なのだ。

「J∞QUALITY」を実現したスーツとは?

この「J∞QUALITY」を象徴とした、ジャパンメイドのものづくりによるスーツが、日本のビジネスパーソンにふさわしいことは言うまでもないだろう。日本人の体型に合わせたパターン(型紙)や縫製の工程を国内で行っているからこそ、日本人にぴったり合った着心地を実現することができる。海外で量産されたスーツと比べ、背中のラインがきれいに出やすいうえ、着心地もいいのだ。

では、日本人の身体に合ったスーツの条件とは何だろうか。その一つが、日本で作られた素材を使用し、日本で染色整理加工を行い、日本で縫製された純正の国産商品であること。次に、作り手の深いこだわりや情熱が体

質の良さはもちろん、体にぴったり合う「着心地」で知られるダーバンのスーツ。2017年秋冬シーズンも、豊富なラインナップが用意されている

現された商品であること。さらに生産者の顔が見える安全・安心な商品であること、そして最後が精緻で丁寧な仕上がりを強みとする商品であることだ。実はこれらの条件こそ、年々グローバル化が進む中で、世界に誇る日本の技術があらためて脚光を浴びている証左なのだ。

その意味で、1970年のブランド創設から現在に至るまで、生産の3工程(織り・編み、染色整理加工、縫製)を日本国内で行った商品を主力に据え、J∞QUALITY認証事業よりもさらに前から「純国産」商品に当たり前のようにこだわり続けてきたのが、ダーバンである。日本人に合ったスーツを追求し続けてきたダーバンは、2015年のスタート当初より「J∞QUALITY」認証を受けた。そして今も日本のビジネスパーソンにふさわしい、本物のスーツを提供し続けるべく努力を重ねている。

ダーバンのスーツづくりは、素材から始まる。国内の高級毛織物産地である愛知県尾州地区や意匠性の高い複合繊維の産地である群馬県桐生地区は、イタリア・ビエラや英国・ハダースフィールドと並ぶワールドクラスの高級ウール産地として知られる。ダーバンは、そうした産地の毛織物メーカーとともに日本人のスーツにふさわしい素材の企画から開発までを担ってきた。いわば、産地との取り組みを活かした素材開発力、国内工場など日本製にこだわるものづくり、そして着心地に代表されるデザイン性。それがダーバンの特徴なのだ。

ものづくりを追求する「ダーバン宮崎ソーイング」

こうした特長はすべて、自社工場「ダーバン宮崎ソーイング」の高い技術で実現されている。「ダーバン宮崎ソーイング」の工場内の湿度はつねに一定に保たれ、300人のクラフトマンたちが 1日に約500着のスーツを生産している。工程において機械と人の手をバランスよく配することで、質を保ちつつ安定した生産を可能にしているのだ。ここには40年以上にわたるダーバンの、ものづくりの技術とノウハウが蓄積されている。

ダーバンの「ものづくりへのこだわり」は、ここダーバン宮崎ソーイングで具現化される。製品に使用される多種多様な生地の性質をすべて把握して、高度かつ独自の工場設計により、適切に管理している

さらにマイスター制度を取り入れ、技術の伝承にも力を入れている。厳しい審査により認定されたマイスターが、優れた技能と技術を持つ人を養成・育成。定例試験を通して、技術力の向上と安定を図る仕組みだ。誰が作っても同じレベルの商品が出来上がるという技術力の高さがあるからこそ、日本に限らず海外のユーザーからも高く評価されているのだ。

この「ダーバン宮崎ソーイング」で、日本ならではの精密な技と豊かな創造力が注ぎ込まれ、作り手の顔が見える安心・安全な「J∞QUALITY」認証のスーツが作られていくのである。

今期も、正真正銘の日本品質「J∞QUALITY」認証を受けた新しいスーツが続々と登場している。これからもぜひ、日本人の身体に合ったダーバンのスーツを楽しんでほしい。

お問い合わせ
ダーバン
 http://www.durban.jp/