山田 雄一郎(やまだ ゆういちろう) Yuichiro Yamada
東洋経済 記者

1968年9月生まれ。慶応大学商学部卒、同商学研究科修了(修士号取得)。1994年入社、96年から記者。自動車部品・トラック業界を皮切りに、証券、重電・総合電機、陸運、海運などを担当。『月刊金融ビジネス』『会社四季報』『週刊東洋経済』の各編集部を経て現在は通信・SI・IT業界を中心に担当、『週刊東洋経済』産業担当デスク・企業情報部ITチームリーダーを兼任。担当とは別に証券取引等監視委員会の処分勧告、日本将棋連盟のガバナンス問題、不当労働行為を取材・執筆。『週刊東洋経済』編集部では「解雇・失業」「シェールガス革命」「サプリメント」「鬱」「認知症」「MBO」「ローランド」「減損の謎、IFRSの不可思議」「日本郵政株」「東芝」「村上、再び。」「ニケシュ」の特集を企画・執筆。『トリックスター』は同期である山田雄大記者との共著。『業界地図』では自転車業界を10年近く執筆。

トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。