大槻 奈那
大槻 奈那(おおつき なな) Nana Otski
マネックス証券 執行役員

東京大学文学部卒業。邦銀勤務の後、ロンドン・ビジネス・スクールにて経営学修士(MBA)を取得。格付会社スタンダード&プアーズ、UBS、メリルリンチにてアナリスト業務に従事。2016年1月より現職。名古屋商科大学経済学部教授を兼務。共著で、『日本の金融業界シリーズ』(東洋経済新報社)、『リテール金融のイノベーション』(金融財政事情研究会)、『本当にわかる債券と金利』(日本実業出版社)など。東京都公金管理アドバイザリーボート、財務省財政制度審議会分科会、貯金保険機構運営委員。多面的な金融分野の経験から、変わりゆく金融の将来を考えたいと思います。趣味は、テニスと落語鑑賞。好きな題目は志の輔の「浜野矩随(はまののりゆき)」。絶妙な語り口で、腕がダメでも必死でやればよい物ができると励まされます。

トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
認知症薬の功罪<br>その飲み方は安全か

認知症患者は増加中。認知症薬は進行を遅らせる効果が期待できるが、副作用が深刻。薬漬けを招き、寝たきりも。生活の質を損なっては元も子もない。何のために薬を使用するのか。