エレーヌ・フォックス(Elaine Fox)
オックスフォード大学感情神経科学センター教授

心理学者、神経科学者。なぜ逆境に強く前向きな人と、後ろ向きで打たれ弱い人がいるのかという疑問を、脳科学と遺伝子工学のアプローチから研究する。教授としてオックスフォード大学・感情神経科学センターを率いる。心理学と神経科学を組み合わせて脳と感情の関係に迫り、セロトニン運搬遺伝子が楽観的な性格を生むという論文はセンセーションを巻き起こした。『ネイチャー』『サイエンス』や『エコノミスト』まで含む一流誌に数多く寄稿。これまでの研究を一般にわかりやすく解説した著書『脳科学は人格を変えられるか?』が日英でベストセラーになる。

トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
認知症薬の功罪<br>その飲み方は安全か

認知症患者は増加中。認知症薬は進行を遅らせる効果が期待できるが、副作用が深刻。薬漬けを招き、寝たきりも。生活の質を損なっては元も子もない。何のために薬を使用するのか。