人間は「思い込み」だけでも死んでしまう!

NHK「白熱教室」で語られる最先端科学

第1講は、NHK Eテレで、7月24日(金)23時から放送予定
NHK白熱教室と言えば、サンデル教授を始めこれまで数々の最先端講義を日本の視聴者に届けてきた人気番組だ。放送のたびに、熱心な視聴者は、ウエブ上でまとめサイトをつくり情報交換をするなど、ビジネスパーソンが仕事の武器とするために積極的に利用している番組。7月24日(金)から始まる「心と脳の白熱教室」のレクチャラーエレーヌ・フォックス教授が、番組放送に先だってその回ごとのポイントをわかりやすく伝える全4回の予習シリーズ第1弾は、「恐怖のメカニズム」。

 

NHKの「心と脳の白熱教室」の講義は、オックスフォード大学にある美しいマグダレンカレッジの劇場で行われました。オックスフォードの学生のみならず一般の人々にも公開された全4回の講義では、私の専門である脳科学の最新の知見を一緒に学ぶことになります。第1回のポイントは、「思い込みと恐怖」についてです。

まずは「思い込み」。みなさんは「思い込み」によって人は健康にも不健康にもなり、時には何の病気にもなっていないのに死んでしまうことがあると聞いたら信じますか? 実は、この「思いこみ」が病気を引き起こすことがあるというのは、心の科学の分野では、すでに共通の認識でもあるのです。

がんで死んだ患者はがんではなかった

2005年にクリフトン・メドア博士が科学誌に発表した論文では、多くの臨床例を基に、この問題を重点的に取り扱っています。そこには末期の肝臓がんと診断され、余命数カ月と宣告された患者の例が報告されています。

その患者は、告知後、がっくりと気落ちし、みるみる体力を失い、告知された余命すらまっとうできず死にました。しかし、驚いたのはその死後のことです。実は医師の診断が間違っていたことがわかったのです。患者はがんなどにはかかっていませんでした。彼は「自分はがんで死ぬ」と信じたせいで死ぬことになってしまうのです。

次ページ強烈な「思い込みバイアス」
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。