コカ・コーラ自社メディア「ジャーニー」の試練

悩みの種はFacebook流入の減少

コカ・コーラが運用する独自メディア「ジャーニー」は危機感を募らせている
この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

オウンドメディア「ジャーニー(Journey)」を運用するコカ・コーラは、ブランド認知度を高めようと努力し続けてきた。しかし、近頃のソーシャルプラットフォームの勢いに押され、コカ・コーラといえど状況は良くないようだ。

アクセスの減少に危機感を募らせる

難関はFacebookからの流入の減少だ。「ジャーニー」は、3年前に自社Webサイトに取って代わってローンチしたが、近年、オーガニックリーチとアクセス数が減少傾向を辿っており、危機感を募らせている(米DIGIDAYの最新リポートによると、Facebookでの上位パブリッシャーへのリファラーは32%減少していた)。

オーガニックリーチ先として、サイトが認められているとは言いがたい現状を踏まえ、同社デジタルソーシャルメディアコミュニケーション担当責任者のダグ・バスク氏は、マネタイズの最適化をはかるため独自開発の指標を採用した。バスク氏によると、社員たちはこの新しい指標の導入を歓迎しているという。「わが社のオウンドメディアが置かれている厳しい状況を十二分に補ってくれた」と、同氏は語る。

次ページ「ジャーニー」が配信する記事は
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。