月間50億pv突破、Buzzfeedは何がスゴイか

パブリッシャーに贈る創業者の言葉とは?

ジョナ・ペレッティが率いるBuzzFeedは躍進を続けている(写真:ロイター/アフロ)
この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

「BuzzFeed」は2015年11月、月間のコンテンツのページビューが50億ビューに達したことを、同社創業者兼CEOのジョナ・ペレッティ氏が「BuzzFeed blog」にて明らかにした。

これは「BuzzFeed」のWebサイトとアプリ、そしてソーシャルチャンネルを合わせたトータルの数字だ。好き嫌いはあろうが、いずれにせよ、パブリッシャーたちにとって無視できないメディアであるのは間違いない。

「BuzzFeed」が成功した理由とは?

「BuzzFeed」の成功は、もっともユーザーに開かれたプラットフォームの活用を見分けてきたことだろう。2015年5月、「BuzzFeed」はFacebookへのビデオ配信を開始した。

アナリティクス企業タビューラー・ラボ(Tubular Labs)によると、現在、Facebookにおける「BuzzFeed」のビデオ投稿の平均視聴数は、280万回/日となっている。タビューラー・ラボが集計するFacebookでもっとも視聴されたクリエイター・リストで、「BuzzFeed」が1位になることもしばしばあるという。

2015年11月12日、ロンドンで代理店マインドシェア(Mindshare)が主催したイベント「ハドル」。そこで「BuzzFeed」創業者兼CEOのジョナ・ペレッティ氏(TOP画像)は、いままで「BuzzFeed」運営から学んできたことを、ほかのパブリッシャーのためにシェアすることを考えていると語った。

次ページペレッティ氏が最も気にかけていることとは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。