BuzzFeed、「メディア兼広告代理店」の凄み

多士済々が集結する、その歴史のすべて

ジョナ・ペレッティ氏はBuzzFeedを独特のメディアへと育て上げた(写真:ロイター/アフロ)
この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

2015年8月の2億ドル増資により、ニュース部門の増強とグローバル展開を目指すバイラルメディア「BuzzFeed」。創業したのは、「ハフィントン・ポスト」の創業も手がけた「連続起業家」のジョナ・ペレッティ氏とケネス・レーラー氏のコンビだ。

「BuzzFeed」のビジネスモデルは、メディアとエージェンシーを兼ねた、新しいモデルである。コンテンツの優れたソーシャル拡散能力を背景に、ネイティブアドという収益の柱を独自に確保しているのだ。

その拡散を産み出す製作体制は頻繁に語られるが、経営面でも特筆すべきことは多い。「BuzzFeed」の成功に対して、創業者たちの功績は大きいが、後ほど加入した経営メンバーも多彩で、さまざまな面からふたりを助けてきた。この秋の日本版ローンチに先駆けて、彼らがなぜ成功できたのか、その経営について3つの視点から切り取る。

1.「ハフィントン・ポスト」創業の2人

「BuzzFeed」経営の舵をとるのは、創業者・最高経営責任者(CEO)のジョナ・ペレッティ氏と現会長のケネス・レーラー氏だ。ペレッティ氏は大学卒業後、高校でコンピューターサイエンスの教師を務め、マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボで修士号を取得。実業家のレーラー氏とは、2005年にニューヨークで出会う。「Medium」でのインタビューによると、レーラー氏は「私はビジネスを知っている。あなたはインターネットを知っている。さあ何かをはじめよう」と誘ったという。

同年、リベラル系有力者のアリアナ・ハフィントン氏と友人だったレーラー氏は、ペレッティ氏を含め3人で、「ハフィントン・ポスト」を共同創業。ペレッティ氏は記事執筆には加わらず、SEO対策、トラフィック施策、プロダクト開発などに携わり、レーラー氏は資金調達などの財務を担った。他紙の記事を要約した「キュレーション」「アグリゲーション」やブログの転載という「ハフィントン・ポスト」らしい手法と、2008年の大統領選という追い風を受けて、メディアの寵児となる。

次ページハフィントン・ポストからBuzzFeedへ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。