バーバリーは1年でモバイル顧客を3倍にした

積極的なデジタル戦略が奏功

Snapchatでのバーバリーのコレクション
この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

ほとんどの高級ブランドにとって、アプリサービスをマーケティング戦略へ活用することは、まだ抵抗が多いことのようだ。しかし、バーバリーは意に介さない。ブランド認知のために、Snapchat(スナップチャット)でのストリーミングやAppleミュージックでのシェアリングプレイリストを積極的に活用している。

このイギリスの老舗ブランドは、ファッション業界におけるデジタルマーケティングの先駆者として、いままで以上に情熱を注ぎながら、デジタルチャンネル活用に取り組んでいる。幸運にも、最近の業績報告によると、この取り組みは奏功しているという。

全般的には、前年比で1桁成長と楽観視できる状況ではないものの(もっとも、これはエルメスなどほかの高級ブランドでも同様の流れではある)、自社のモバイルサイト機能を改善したバーバリーの努力は報われた。2014年末にモバイルサイトを再ローンチし、購入過程や支払いツールをリニューアル。その後、同社はモバイルからの顧客数が3倍になっていたことを、2015年11月12日に行われた業績発表で明らかにしたのだ。

積極的なデジタルマーケ戦略

モバイル上での購入体験をシームレスに行えるようにするため、バーバリーは実験的にモバイルとデジタルで戦略的な努力を続けた。結果として爆発的なリーチを獲得するに至ったという。たとえば2015年9月、ロンドンで開催された2016年のバーバリーの春/夏ファッションショーでは、Snapchatのストリーミングチャンネルですべてを公開。これが注目され、トータルで2億回も視聴されることになった。

次ページソーシャルを導入するうえで目指したこととは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。