「AMG SL65」は2世経営者が愛する車だった

4人の高級車オーナーとドライブデート<2>

今回はベンツブラックシリーズ、AMG SL65のオーナーだ
近年、「若者の車離れ」が叫ばれる中、依然として東京は世界でも有数の高級車オーナーの生息地だ。都内を歩いていると遭遇することもあるが、実は彼らの生態はあまり知られていない。どんな仕事をしていて、どんな生活を送っているのか?
そこで、筆者の私は合コンで知り合った4人の高級車オーナーを通称C4と名付け、高級車ドライブデートを重ねた。その一部始終から、彼ら一人ひとりのプロファイルを暴き、彼らの正体を解明していきたい。

 

<ベンツ君:38歳。会社経営(2世)>

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

麻布十番に現れたその男の車を見て、商店街の道脇に停車した高級車オーナーたちが振り返る。「いい車ですね……」と通りがかりにわざわざ窓を開けて声をかけて来る者までいるほどだ。

「いい車ですね」と声をかけられるほどの高級車とは

都内では数台しかないと言われている、ブラックシリーズのAMG SL65。

「クルマ馬鹿って言われても否定しないよ。3歳くらいの時から車のブランド名は全部言えて、6歳の時にはテールランプの光り方でどの車か言い当てられるくらい、物心がついた時から大の車好き。」

飲み会主催者の女の子から聞くには、ほかにもポルシェを2台、ベンツ、バイパーをそれぞれ1台所有しているとか。さらには神奈川と京都に別荘を数件持っているという資産家だ。

「父から会社を継いで、今は不動産や株、建設など幅広くやってます。その時代の波に乗っかっていろいろとやってきました。」

次ページベンツ君の交友関係は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。