リモコンなし!手の動きでドローンを操縦

台湾に「フォース」が使える若者がいた

写真をクリックすると動画(英文サイト)にジャンプします

台湾のテクノロジー研究チームが、Apple Watchを使ってドローンを操縦したり、照明をコントロールしたりする技術を開発した。これは映画「スター・ウォーズ」の中の話ではなく、あなたの手のひらが持つ「フォース」が将来的にできるかもしれないことだ。

空を飛ぶ、一機のドローン。何の変哲もない単なるドローンに見えないこともない。ひょっとしたら多くの人が、似たようなドローンをクリスマスプレゼントとして手に入れたかも知れない。

ただし、マーク・ベン氏が台湾・台中で飛ばしている姿を見ると、そんな考えも吹っ飛ぶはずだ。

彼が「フォース」を使って飛ばしている、と見えても仕方ない。確かにまるでスター・ウォーズから飛び出してきたように見えるからだ。

しかし、真実はそれに負けないぐらい素晴らしいものだ。

「以前はドローンを飛ばすのに複雑な制御が必要だったが、今はウェアラブル機器を利用して人間の行動やジェスチャーを通じて、ドローンと直接やり取りすることができる。手を動かすだけで直接ドローンをコントロールし、飛ばすことができるのだ」と、PVD+社共同創業者のマーク・ベン氏は話す。

ベン氏とPVD+の研究チームは、Apple Watchが手の動きを察知・理解するためのアルゴリズムを開発。手を前後に動かすことにより、ドローンを上昇・下降させたり、傾むけたりすることが可能だ。

しかも、彼らが開発したソフトウエアがコントロールできるのは、ドローンだけではない。

手をたたくと照明が点く、といった技術は以前からあったかもしれないが、そこから今度は照明が赤くなるのを見たことはあるだろうか。

「私が2回手を叩くと、それを感知して照明がつく。さらに空中で『R』を書くと赤い照明、『Y』を書くと黄色い照明に変わる。再び私が2回手を叩くと、照明は消える」(ベン氏)。

IoT(モノのインターネット)が近年取り沙汰されているが、製品やハードウェアの接続性の向上は、より洗練された自動化を意味する。

PVD+社のほかにも、ジェスチャーや手の動きに反応する技術を開発している会社は数多くある。だが、同社の開発が意味するのは、私たちの「フォース」には、自分たちが思っているよりずっと「強い」可能性があるということだ。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
認知症薬の功罪<br>その飲み方は安全か

認知症患者は増加中。認知症薬は進行を遅らせる効果が期待できるが、副作用が深刻。薬漬けを招き、寝たきりも。生活の質を損なっては元も子もない。何のために薬を使用するのか。