残念ながら民主党復活への道のりは遠い

野党は何をどうやって訴えるべきなのか

今の野党はなぜダメなのでしょうか?
皆さん、2016年の仕事始めいかがおすごしですか? 日本の政治をテーマにした、第2タームの3回目の対談は、「野党は何をやっているのか?」です。民主党が政権から落ちて3年が経ったけど、もう復活することはないんでしょうか? 今回も東京大学の御厨貴名誉教授に、わかりやすくお話ししてもらいました。

民主党はハッタリをかませ!

この連載の過去記事はこちら

木本:御厨先生、民主党は一回政権取ったのに、今はめちゃくちゃ支持率低いじゃないですか。今後どうなるんでしょう。

御厨:いまの民主党の支持率は8%ですね。「安倍政権のほうが、前政権よりもまし」という感じなのだと思いますが。

木本:「最悪どっちを選ぶのか?」という消去法ですよね。民主党は「もう一回政権を奪ってやる」という志はあるんですか?

御厨:心が折れそうになっているなあ、と僕はみています。維新の党と統一会派を作りましたが、組んでようやく92議席。本当は三桁欲しかったんだろうけど……。岡田党首について「この人、志が低いなあ」と思ったのは、三桁でようやくかつての社会党と同じ第一野党。「第一野党でいい」と、今言ってはいけない。それでは社会党と同じで、政権は取れない。うそでも「政権奪還を目指す!」と言わないといけないと思います。

木本:ハッタリをかまさないといけないんですね。

御厨:言うか言わないかだけで、違います! そこに関して野党はハッタリを言っていい。夢を語ればいいのだけど、3年3カ月与党をやっている間にくたびれ果てたんですね。「与党疲れ」があるわけです。

次ページ民主党は底が浅い
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。