煩悩を消す「心の大掃除」、簡単2つの実践法

「できなかったこと」に翻弄されないために

この時期に取り組みたい「心の大掃除」を紹介します(写真:Graphs / PIXTA)

今年も残りあとわずか。一年を振り返り「できたこと」「できなかったこと」を思い起こされている方も多いことでしょう。やり切った感のある方も、不全感のある方も、その経験や反省点を生かして、新しい年につなげていきたいものですね。

年末は大掃除の時期ですが、部屋を掃除するのと同じように、心の整理整頓、大掃除もしてみると、新年をより気持ちよく迎えられるはず。そこで今回は、心の大掃除のちょっとしたコツをお伝えしたいと思います。

まずは今年の煩悩を消していく方法を考えてみましょう。「できなかった」ことを、箇条書きにして挙げます。「ダイエットができなかった」「資格試験の勉強ができなかった」「海外旅行ができなかった」という具合に、「○○ができなかった」ということを書き出していきます。

「できなかったこと」は「しなかったこと」

この連載の過去記事はこちら

いくつかの文を書き出したところで、その文の語尾の「○○できなかった」の「できなかった」を「しなかった」に変換します。「ダイエットできなかった」は「ダイエットしなかった」、「資格試験の勉強ができなかった」は、「資格試験の勉強をしなかった」のようになります。それらの項目を読み返してみたとき、どんな感情が沸くでしょうか?

実は、書き出したすべての項目は「できなかった」のではなく「しなかった」だけなのです。もちろん、時間がなかった、おカネがなかったなど、「できなかった」理由が思い浮かぶかもしれません。言い訳をしているかのようで、後ろめたさを感じてしまう方もいるでしょう。

しかし、「○○のせいでできなかった」のは、あなたにとって、そこまでの必要性や情熱がなかったからに過ぎません。どうしてもやりたいことは、何が何でもやろうとするもの。どうしても会いたい人のためなら、どんなに忙しくても、どうにか時間を作るはずです。ということは、できなかったことは、自分自身の中での優先順位が低かったことになります。

次ページその現状打破、本当に必要?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。