正月休みだからこそ、働いている人がいる

人が休んでいる時こそ仕事がいっぱい

さあ、新しい年が始まりましたね。今年もどうぞよろしくお願いします。もっといいプロジェクトに入って働きたいなあ……。いろんな新年の願い事を携えて、お参りにやってきただんなくんとぼへちゃん。

お賽銭をいれて、願い事を言っているようですよ。「異動させてください。異動。異動。」どうやら、今の課長のところはもう嫌なようですね。

あれ、だんなくんが顔をあげると、なんだか会社で知った面々がそろっています。みんなそろってお参り?

「プロジェクトが早く終わりますように」「とりあえず休みくらい欲しいです」「たまには定時に帰りたい」。

なんだか、みんな切実な願い事をしているようです。

みんなおそろいでお参りをするとはずいぶんと仲良し・・・と思いきや、お参りが終わったとたんに「さあ会社戻るぞ!」と言っています。正月まで勤務のようです。

かく言うぼへちゃんも、その昔、お正月の三が日は、会議室のソファで寝たこともあります。銀行のシステムなどが止められるのって、実質30日から3日までだったりしますもんね。誰かが今日も頑張ってインフラが動いているんですね。正月のお仕事が終わったら・・・・ゆっくりお休みを取りましょう!

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
インテルの<br>パラノイア的技術経営

インテル中興の祖、アンディ・グローブ。数々の英断で、プロセッサー半導体市場で無双の企業を作り上げた。グローブの愛弟子である、インテル全盛期のトップが語る技術経営の神髄。