正月休みだからこそ、働いている人がいる

人が休んでいる時こそ仕事がいっぱい

さあ、新しい年が始まりましたね。今年もどうぞよろしくお願いします。もっといいプロジェクトに入って働きたいなあ……。いろんな新年の願い事を携えて、お参りにやってきただんなくんとぼへちゃん。

お賽銭をいれて、願い事を言っているようですよ。「異動させてください。異動。異動。」どうやら、今の課長のところはもう嫌なようですね。

あれ、だんなくんが顔をあげると、なんだか会社で知った面々がそろっています。みんなそろってお参り?

「プロジェクトが早く終わりますように」「とりあえず休みくらい欲しいです」「たまには定時に帰りたい」。

なんだか、みんな切実な願い事をしているようです。

みんなおそろいでお参りをするとはずいぶんと仲良し・・・と思いきや、お参りが終わったとたんに「さあ会社戻るぞ!」と言っています。正月まで勤務のようです。

かく言うぼへちゃんも、その昔、お正月の三が日は、会議室のソファで寝たこともあります。銀行のシステムなどが止められるのって、実質30日から3日までだったりしますもんね。誰かが今日も頑張ってインフラが動いているんですね。正月のお仕事が終わったら・・・・ゆっくりお休みを取りましょう!

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。