匿名サンタクロースが48万4000ドルを寄付

米ウォルマートのギフト積立口座に

12月16日、米ウォルマートの店舗で、クリスマスプレゼント用の商品を取り置くサービスの支払口座に、計48万4000ドルが匿名の人物3人によって入金されたことが分かった。ニュージャージー州のウォルマートで11月撮影(2015年 ロイター/LUCAS JACKSON)

[クリーブランド 16日 ロイター] - 米小売大手ウォルマートのオハイオ、フロリダ、ペンシルベニア州にある複数の店舗で、クリスマスプレゼント用の商品を取り置くサービスの支払口座に、計48万4000ドル(約5900万円)が匿名の人物3人によって入金されたことが分かった。

この商品取り置きサービスは、積み立てが満額になると商品が受け取れる仕組み。匿名の「サンタ」たちはこの口座に寄付したもので、支払いを受けた店の口座利用者の積み立ては満額となった。ほかにも、少額寄付の合計は数千ドルに達しているという。

ウォルマートは声明で「このような親切の一端を担えることを誇りに感じている」と述べた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
カジノ解禁法があぶり出す<br>ギャンブル依存症の恐怖

経済の起爆剤として期待がかかるカジノ法。一方で、ギャンブル依存にも注目が集まる。依存症者がつぎ込んだ額は平均1200万円超。意志の問題ではなく病気である。その実態に迫る。