ついにスマートグラスがこんなに薄くなった

厚さ1ミリの薄型ディスプレーを眼鏡に装着

分厚くて奇妙なデザインのスマートグラスの時代は終わるかもしれない。フィンランドの開発者が普通の眼鏡にぴったり付けられる薄型ディスプレイを開発した。

ファッションデザイナーのダイアン・フォン・ファステンバーグがいくら頑張っても、かさばったデザインのグーグルグラスは、今どきの日常のファッションには今一つ馴染まない。

そこが、市場でほとんどのスマートグラスが苦戦している問題点だ。日常使いにはサイズが単に大きすぎるのだ。

しかし、フィンランドのハイテク企業、ディスペリックスが最新鋭の光学部材を発表したことで、変わるかも知れない。同社のアンティ・スナリCEOによると、このプラスティックディスプレイは、厚さわずか1ミリメートルで通常の眼鏡にぴったり付けられる。

「このディスプレイは眼鏡に取り付ければ、画像をユーザーの視野に映し出すことができる」と、スナリCEOは語る。映し出せるのは動画だけでなく、テキストもユーザーの目の前に表示できるという。

「画像ソースから取り込んだ映像はこの領域で結合された後、全反射によってこのグレーの領域に転送され、ユーザーの視野内に映し出される。映し出される画像の大きさは、3メートル離れた位置から60インチテレビを見た際の大きさに相当する」(スナリCEO)。

現在、ディスプレックスは他社と協力して小型モバイルスクリーン用の電子機器とソフトウェアを開発中だ。同社は、1年以内の市販化を狙っており、一般の人々に認知されることを期待している。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。