吉野家が20年ぶりの社長交代。わが道いく経営に「ジャイアント馬場並み」スピードとの評も

吉野家が20年ぶりの社長交代。わが道いく経営に「ジャイアント馬場並み」スピードとの評も

牛丼大手の吉野家ホールディングスは、安部修二社長(写真右)が吉野家ホールディングスの会長に、子会社「はなまるうどん」の河村泰貴社長(同左)が吉野家ホールディングスの社長に、9月1日付で就任する人事を発表した。なお、中核子会社である牛丼「吉野家」の社長は引き続き安部氏が務める。

6月26日に会見した安部社長は、河村氏を次期社長に抜擢した意図について、「はなまるうどんを立て直したこと、明確なビジョンを描ける経営者であること」の2つを考慮したと説明した。安部社長自身が、会長就任後も牛丼「吉野家」の社長を続けることについては、「同じタイミングで異動すべきだという認識はあるが、今は2015年に向けた中期経営計画の序盤戦。ここで経営を離れるわけにはいかない」としている。

ホールディングスの社長に就任する河村氏は、「吉野家を含めグループ会社は大変危機的な状況にあると認識している。本来であればスピーディにいろんなことを変えていくことが求められる状況だが、外食は“ピープルビジネス”で多くの人が関わって価値を作っている。グループに属している人たちの共感を少しずつ得ながら、変えるべきところを変えていきたい」と抱負を語った。

吉野家ホールディングスで社長が交代するのは、1992年に安部氏が就任して以来、実に20年ぶり。社長の交代については、07年に持ち株会社化した時点から、「世代交代や新陳代謝の必要性を最大の目標」(安部社長)としていた。社長交代発表の時期が5月の株主総会後、6月下旬になった理由については、「1年半前から河村氏の説得に当たっていたが、やっと了承がとれたのがこの時期だった」と安部社長は説明する。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。