宴会続きの時期、「牡蠣」を頼るべき3つの理由

「あたるのが怖い…」という人はどうすれば?

「海のミルク」と呼ばれている牡蠣。この時期のビジネスパーソンに嬉しい健康効果が満載です(写真:motoko / PIXTA)

いよいよ今日から師走ですね。忘年会や取引先へのご挨拶回りなど、ビジネスパーソンが一年でいちばん多忙を極める時期ではないでしょうか。

風邪や飲みすぎによる体力ダウンを避けるためには、旬の「牡蠣」が味方になってくれるかもしれません! 各コンビニでも季節限定メニューで登場しているので、チェックしてみましょう。

タウリンだけじゃない!牡蠣が秘めるパワー

牡蠣が「海のミルク」と呼ばれているのは、皆さんご存知のことと思います。ビタミン、ミネラルなどの栄養価が高く、古来より冬の滋養強壮の代名詞的存在として世界中で食べられています。

良質なたんぱく質(アミノ酸)が含まれ、必須アミノ酸をはじめとする成分が、暴飲暴食で疲れた胃や肝臓の細胞、乾燥で傷んだ皮膚の細胞を再合成してくれるほか、栄養ドリンクやエナジードリンクでお馴染みの「タウリン」も含まれています。

タウリンは疲労回復と肝臓の健康を保つことで一躍有名になりましたが、実は目の網膜にも働きかけ、パソコンやスマートフォン、直射日光などの「光による刺激」で起こる疲れ目対策にもなるのです。

牡蠣の嬉しい健康効果はまだあります。脳を動かす栄養であるブドウ糖が不足してくると、牡蠣に含まれるグリコーゲンがブドウ糖に変化し、脳の活性化を援助。またグリコーゲンは精神安定効果も期待できるので、イライラせずに年末年始のお仕事が捗ることでしょう。加えて牡蠣は、亜鉛や鉄分も含むので、女性に多い冷え症や貧血改善にも役立ちます。

次ページ「あたらない」ための対策は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。