羽生結弦が世界歴代最高得点で首位に

NHK杯男子のショートプログラムで

 11月27日、フィギュアスケートのGPシリーズ第6戦、NHK杯の男子SPで羽生結弦が自身のSP世界歴代最高得点を更新する106.33点をマークし、首位に立った(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[27日 ロイター] - フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦、NHK杯は27日、長野市のビッグハットで競技を行い、男子ショートプログラム(SP)で羽生結弦が自身のSP世界歴代最高得点を更新する106.33点をマークし、首位に立った。

羽生は4回転ジャンプを2回跳び、成功させた。

無良崇人が88.29点で3位、田中刑事は73.74点で9位だった。金博洋(中国)が95.64点で2位につけた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。