活況の「門前薬局」がジェネリックに走る理由

日本調剤は2016年度の逆風をこう乗り越える

千葉県の旭病院前薬局。無菌調剤室を備え、ジェネリック使用率は92%を誇る

この勢いはどこまで続くのか――。調剤薬局2位・日本調剤の2015年度は、既存店の好調や後発医薬品(ジェネリック)製造の伸びにより、営業増益幅が拡大しそうだ。

第2四半期(4~9月期)の売上高は1002億円(前年同期比14.7%増)、営業利益42億円(同60.7%増)。昨年秋から発売されたC型肝炎治療薬の処方が急増したことが、既存店売上高の伸長に大きく寄与している。1~2度の使用でかなり高い確率で完治が見込めるため、単価は高いが処方が拡大している。

日本調剤の店舗網は、大病院のそばにある「門前薬局」タイプが多く、2016年10月時点で全522店のうち、7割強(376店)を占める。このため、高度医療を受けるC型肝炎患者がより多く集まった面もあるという。

また、これは調剤薬局業界全般にいえることだが、昨年に比べると温度差が激しいせいか、病院を訪れる患者が増えており、調剤枚数・単価とも上昇しているのも追い風だ。

上期の出店は19で自力出店が17。M&Aは規模と将来性を考慮して厳選しているため、上期は2店のみだった。一方、閉店は8店。通期では店舗純増50程度と、前期の純増数29を上回る見込みだ。

ジェネリック製造や薬剤師派遣も順調

調剤薬局以外の事業部門も好調だ。ジェネリック医薬品を製造する医薬品製造販売事業は、ジェネリック医薬品のシェアを8割まで引き上げるという国の方針を追い風に、取り扱いを増やしており、事業利益は前年同期比44.7%増となった。

薬剤師派遣・紹介事業も、ドラッグストアの調剤薬局併設や薬学部6年制化に伴う人材不足を背景に、高成長を続けている。ジェネリックと薬剤師派遣という2事業の営業利益シェアは32%となり、2年前(17%)の倍近くに達している。

次ページこの勢いも今年度まで?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。