企業家育成のための教育水準向上

札幌北洋ホールディングス相談役・高向巖氏④

たかむき・いわお 1938年生まれ、札幌北洋ホールディングス相談役。62年東京外大中国語科卒、日本銀行入行。香港事務所首席駐在員、広報課長、札幌支店長、情報サービス局長など歴任し、93年北洋銀行副頭取。2000年頭取就任。現在、札幌商工会議所会頭も務める。

地方銀行のよさは、地元企業を応援することができるし、その結果もよく見えることでしょう。そこに地銀マンの生きがいがあります。若い人で、地域経済や地元の人たちと苦楽を共にしたい気持ちがあれば、地銀へ入ることを勧めます。

北洋に対し「元は相互銀行じゃないか」と見下すような雰囲気が以前はありました。でも今では皆が大事にしてくれる。ありがたいことです。ただ、地元経済の先行きについてはとても心配しています。農業はどうなってしまうのか。公共事業も減っています。円高が続けば企業誘致も難しい。

北海道経済はかつて、「ジャンボ機の後輪」に例えられた時期がありました。景気回復時には最後に離陸し、逆に下降時には最初に着地する。しかし、それは景気循環が前提。実態はすでに違って、長い期間、低空飛行が続いています。

北海道の学力は全国で最低レベル

これから北海道経済の牽引役と期待されているのが食と観光です。新幹線の札幌延伸は観光にプラス。食の分野では国の特区認定を受けました。今後、中長期ビジョンを作って具体化しなければなりません。

プロジェクト策定には企業家の養成が必要です。その際、ネックになるのが教育。北海道の場合、小・中学生の学力が全国で最低レベルなのです。教育のレベルを引き上げなければ、創意工夫は出てこない。国際化も進められなくなります。

 近年は経済界の立場から北海道庁などに苦情を言い続けてきました。奨学金を出して教育大に優秀な学生を集めるよう提言したり、学力向上に関心を持ってもらおうと講演に奔走したりしています。幸い、道庁の取り組みも変わってきました。教育長は、目標年を定め教育水準を全国標準に引き上げると言っています。

これまでにかかわった地元経済界の運動で大成功したのは、「北海道のコメを道民が食べましょう」というキャンペーンです。道産米はまずいと思われていましたが、実はおいしいんだとアピールし、かなり地産地消が進んでいます。コメ消費で道外に流れていたおカネが地元に落ちるようになりました。次は酒とワインの領域でも「道産酒愛飲運動」をやろうと考えています。

経済界のリーダーのひとりとしてやるべきことがたくさんあります。正直、荷が重いと思うときもあります。しかし、後輩に引き継いでおきたい気持ちは強い。そのためか、最近は人と話していても「これは俺の遺言だからよく聞け」などと言葉が乱暴になってきましたよ(笑)。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。