小田急や東急並みに混む「新交通」の凄い実力

「日暮里・舎人ライナー」、7年に7回も増発

足立区西部を走る新交通システム「日暮里・舎人ライナー」(写真:うげい/PIXTA)

東京都交通局が運営する新交通システム「日暮里・舎人ライナー」(日暮里~見沼代親水公園間)は、2008年3月30日に開業し、それまで鉄道に恵まれなかった、足立区西部の公共交通の主軸となっている。営業キロは9.7km。全13駅あり、平均駅間距離は約0.8kmである。無人運転方式の列車が、この路線を約20分で走破している。

開業初年度(2008年度)の日暮里・舎人ライナーの1日平均の輸送人員は約4万9000人であった。それが、2014年度には約7万1000人にまで増加している。

建設前、需要調査などに基づいた1日平均の輸送人員は、実は5万9000人と予測されていた。この数に沿う適切な輸送手段として、地下鉄でも路面電車でもなく、「新交通システム(中量軌道輸送システム)」が採用されたわけだ。だが、最近の新規開業路線としては珍しく予測が上方へと外れ、開業後も対応に追われることとなったのである。

相次ぐ増発でも混雑率187%

これまでのわずか7年あまりの間の営業期間に、どれだけダイヤ改正、イコール列車増発が行われてきたか。1年ごと、もしくはそれに満たないうちに、繰り返し輸送力増強の必要に迫られていったのが、これまでの歴史だ。

次ページ輸送力にはまだ余裕?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。