中国アリババ、「独身の日」の売上高1.7兆円に

売上高の68%がモバイル機器経由

 11月11日、中国アリババの「光棍節(シングルズデー)」の取引額は143億ドル超に上った。取引状況データを示すスクリーン前に立つ馬雲(ジャック・マー)会長。(2015年 ロイター/ Kim Kyung Hoon)

[北京 12日 ロイター] - 中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディング<BABA.N>は12日、11月11日の「光棍節(シングルズデー)」のバーゲンセールの取引額(暫定値、監査前)が前年比60%増の912億元(約1兆7620億円)になったと発表した。

関連会社などさまざまな経路で売り上げが増えたことが寄与した。売上高の68%がモバイル機器経由での受注だった。

アリババの張勇最高経営責任者(CEO)は、シングルズデーでは少なくとも2700万人が外国製品を購入したとし、中国消費者の外国製品に対する購入意欲の表れと指摘した。

シングルズデーは売上高が米国の大型セール日とされるブラックフライデー(感謝祭翌日の金曜日)やサイバーマンデー(感謝祭翌週の月曜日)を超える世界最大のショッピングイベントとなり、アリババの業績を測る目安として注目されている。

*見出しを修正しました。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。