フィギュア、復帰の浅田真央が中国杯優勝

本郷理華はフリーで1位に

 11月7日、フィギュアスケートのGPシリーズ第3戦、中国杯の女子フリーでは浅田真央(中央)が優勝。写真左は2位の本郷理華(2015年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[7日 ロイター] - フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、中国杯は7日、北京で競技を行い、女子フリーでは浅田真央が合計197.48点で優勝した。

2季ぶりのGP復帰を果たした浅田はショートプログラム(SP)では1位。フリーでは3位だったが、GP通算勝利数を日本選手最多の15に伸ばした。

SP2位の本郷理華はフリーで1位となり、合計195.76点で2位。エレーナ・ラジオノワ(ロシア)が3位だった。

男子フリーではハビエル・フェルナンデス(スペイン)が優勝。日本勢は出場しなかった。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。