半導体のルネサスが迎えた、新たな「正念場」

構造改革に一定のメド。今後の戦略は?

就任5カ月の遠藤会長(写真右側)は、ルネサスを成長路線に導けるのか

10月30日に開催された、車載用半導体大手・ルネサスエレクトロニクスの4~9月期決算説明会。今年6月に就任した遠藤隆雄会長兼CEOはこう息巻いた。「成長できる企業に変わったことを示したい」ーー。

経営再建中のルネサスは構造改革が奏功し、2015年3月期に824億円の最終利益を計上、黒字化を達成した。改革に一定のメドが付いたことで、同社は今2016年3月期を「成長へのギアチェンジの年」と位置づけている。

収益改善は着実に進んだが…

今4~9月期決算は売上高3607億円(前年同期比13.5%減)、営業利益631億円(同24.9%増)と減収増益となった。

主力の自動車向け半導体は小幅な増収だった。国内やASEANで自動車市場の販売不振が続いたが、円安などの外部要因がカバーする形となった。一方、汎用向けは大幅な減収だ。前期に中小型パネル向けの子会社を売却した影響が大きく、家電向け半導体などで撤退を進めた影響も出ている。ただし、人員削減や拠点再編など、構造改革効果で営業増益を達成した。

体質改善は着実に進展しているが、売上高の減少は止まらない。続く10~12月期は7~9月期比で10%の減収となる。自動車の販売不振が続くだけでなく、カーナビやカーオーディオ向けの不振と産業機器向けの減収が大きく響く見込みだ。

次ページ成長路線をどう築くのか
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。