アニメでも実写でもいちばん大事なのはストーリーです--映画『ジョン・カーター』アンドリュー・スタントン監督

20世紀初頭、アメリカのエドガー・ライス・バローズが発表した『火星のプリンセス』。金鉱探しを生業としていた元南軍の騎兵大尉のジョン・カーターが、洞窟で幽体離脱し、時空を超えて火星(=バスルーム)にたどり着き、異星人と遭遇する物語。アドベンチャーあり、かつ恋の話もある、当時としては画期的なSF小説だ。映画『スター・ウォーズ』や『アバター』にもインスピレーションを与えた作品として知られている。

この物語を、「ウォルト・ディズニー生誕110周年記念作品」という冠を戴いて映画化した作品が『ジョン・カーター』だ。



©2011 Disney. JOHN CARTER(™) ERB, Inc.

ディズニーが総力を挙げて作り出した、このスペクタクル映画は2012年4月13日から、2Dおよび3Dで公開中。その監督には、『ファインディング・ニモ』や『ウォーリー』といったピクサーの大ヒットアニメ作品を手掛けたアンドリュー・スタントンが務めている。
 
 ピクサーの主力メンバーでもある彼だが、今回初めて実写映画に挑戦した。そんな、スタントン監督に原作に対する想い、作品に対する意気込みを聞いた。


--『ジョン・カーター』は、超大型作品として日本では話題となっています。「ディズニー生誕110周年記念作品」という冠もついていますが、この作品の監督を担当した想いは。

10歳の頃に『火星のプリンセス』を読んで以来、ぜひ映画化したいなと考えていました。

ものすごいこの冒険話、見たことのない行ったことのない、そして地球ではありえない話を、小説を通して経験・体験ができました。すばらしいファンタジーの証しだと思うし、それが大好きだった理由です。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。