ラグビーW杯、日本が米国に28-18で勝利

W杯1次リーグで3勝目の快挙

 10月11日、ラグビーの日本代表は、W杯イングランド大会1次リーグB組の最終戦で米国を28─18で下した(2015年 ロイター)

[グロスター(英国) 11日 ロイター] - ラグビーの日本代表は11日、ワールドカップ(W杯)イングランド大会、1次リーグB組の最終戦で米国を28─18で下した。

日本は3勝1敗とし、勝ち点12の3位で終了。B組からは勝ち点16の南アフリカ、同14のスコットランドが準々決勝に進んだ。3勝を挙げながらもW杯1次リーグで敗退したのは日本が初めて。米国は4戦全敗に終わった。

日本のエディー・ジョーンズ監督は「敗退したのは残念だが、われわれにとって素晴らしいW杯だった」とコメント。「選手たちは懸命に努力し、ラグビーのあるべき形を強い気持ちとプレーで示した」とチームをたたえた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
堕ちた名門アパレルの内幕<br>三陽商会の窮地

英バーバリー社とのライセンス契約終了で、三陽商会は赤字に陥った。2009年に契約見直しを伝えられていながら、なぜ対応できなかったのか。名門アパレルを蝕む企業病の正体に迫る。