ラグビーW杯、日本代表の1次リーグ敗退決定

スコットランドがサモアを下す

激戦の末、スコットランドがサモアを下した(写真:Reuters / Russell Cheyne)

[英国ニューカッスル発(ロイター)]- スコットランド代表は10月10日、何度も肝を冷やしながら、なんとか36-33でサモア代表を下し、ラグビーワールドカップ準々決勝に進出した。これで、日本代表の決勝トーナメント進出の可能性は消滅した。

セント・ジェームズ・パークで行われた試合において、期待はずれのトーナメントを良い気分で終了しようと必死だったサモア代表は、エンド・ツー・エンド(グランドの端から端へ)のスリリングな試合展開で4つのトライを奪い、スコットランド代表に3点リードで前半を終了した。ところが後半は軽率な反則を相次いで犯し、台無しの結果にしてしまった。

後半終了近く決定的なトライを決め、キックで21得点を上げたクレイグ・レイドローの大活躍により、サモアは酷い目に遭わされ、10月18日、トゥイッケナム・スタジアムで行われるオーストラリア代表、ウェールズ代表の勝者と当たる準々決勝に、スコットランド代表が進むことを許した。

「かなりシュールだったよ。それこそプレッシャーを感じながら、私たちがラグビーをやっている理由だよ」と、スコットランドのフランカーでマン・オブ・ザ・マッチに選ばれたジョン・ハーディーは熱狂的な最後の数分間を説明しながら語った。

序盤はサモアペースだった

日曜日に行われる予選プール最終戦でアメリカに勝利すれば、初めて決勝トーナメントへ駒を進めることになる日本代表(ブレイブ・ブロッサムズ)は、サモア代表の勝利を望んでいた。

トゥシ・ピシとレイドローが早い時間にペナルティゴールを決め合った後、センターのレイ・リーロがフライハーフのピシをお膳立てし、右隅に片手でタッチダウンを奪ったサモア代表が均衡を破りリードした時、日本の準決勝進出は起こりそうに見えた。

次ページ巻き返すスコットランド
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。