「ネットのせいで少年犯罪増加」は、間違いだ

発生率、重大犯罪数とも、本当は減少している

少年犯罪、増えていると感じていますか?(写真 : Andrey Armyagov / PIXTA)

少年による凶悪犯罪が増えている――。そう感じている人が増えていることが、内閣府の調査結果でわかった。

内閣府が9月19日に公表した「少年非行に関する世論調査」によると、少年による重大な事件が増えていると感じる人は78.6%で、前回調査(2010年)より3ポイント増えた。

どのような社会環境が問題かについては、「スマートフォンやインターネットなどの普及により、簡単に暴力や性、自殺その他少年に有害な情報を手に入れられる」が69.8%(前回比22.5ポイント増)で最も高かった。調査結果について、少年事件に取り組む弁護士はどう見ているのだろうか。星野学弁護士に聞いた。

少年犯罪は減少傾向にある

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

「現実には、少年犯罪は減少傾向にあります。それは『子どもの数の減少』という意味ではなく『発生率』も減少傾向にあります。

また、戦後からの統計によれば、少年による殺人、強姦、放火などの重大犯罪も減少傾向にあります」

星野弁護士はこのように述べる。ではなぜ、「少年犯罪は増えている」「少年犯罪は凶悪化している」と考える人が増えているのだろうか。

次ページイメージだけで語ってはいけない
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ライフ・シフト 実践編

人生100年時代の生き方を説いた、話題の書籍『ライフ・シフト』。書籍に書かれていない日本での実践方法を体験談とともに解説したのが本特集。書き込み式100年人生計画表も掲載。