時速1600キロ!地上最速スポーツカーの全貌

3種類の動力源を搭載

ナレーションは英語です

車体が突然燃え上がってしまう危険性がある時速1600km 超えのスピードでロケットスタートを切るのはどんな気分か、あなたは疑問に思ったことがあるだろうか。

ならばブラッドハウンド(Bloodhound)を見るべきだ。

この車は、世界最速かつ最先端を行く陸上車となるべく、半分はジェット機、半分はレーシングカーとして製作されている。

ロンドンで公式発表を迎えた木曜日 (2015年9月24日)、エンジニアの1人が、これまでベールに包まれていた情報に至るまで、いろいろと説明をしてくれた。この車に搭載されているハイブリッドロケットもそのひとつだ。

システムエンジニアのケヴィン・マレー氏は言う。

「ハイブリッドロケットはこの車に欠かせないパーツです。いったん車が走り出しておおよそ時速563kmぐらいにまで達したら、今度はロケットが時速1600kmあたりのどこかに達するまで残った分を加速させるんです。」

ブラッドハウンドには3つの動力源が搭載されている。

酸化剤を供給させるジャガー (Jaguar) のV8エンジン、クラスター方式のハイブリッドロケットエンジン、そしてユーロファイター・タイフーン (Eurofighter Typhoon) からそのまま採用したロールスロイス (Rolls Royce) のユーロジェットEJ200である。

炭素繊維、鋼、合金で仕上げられたその複雑な外装は、1分以内に時速1600kmから静止する急速な減速にも耐えられる仕様になっている。

この車は静止した状態から55秒で時速1600kmへと加速できる。

搭載されたジェットエンジンは、平均的な大きさの住宅なら3秒もかからず中の空気を吸い尽くしてしまう。

科学者を目指す学生の増加に期待

こうした一般受けする驚きの要素はともかくとして、プロジェクトディレクターのリチャード・ノーブル氏は、学生が将来エンジニアを目指すきっかけをこれで与えられればと期待を寄せる。

「科学者やエンジニアの数が足りないという点では、イギリスには非常に深刻な問題があります。この原因は現実問題として小学校にまでさかのぼることができます。単純にそこでの教育が意欲を刺激できていないんです」

1000万ポンド (約18億円) の価値を持つ車体は、やがて南アフリカの砂漠地帯に輸送される。

南アフリカは、ジェット機の操縦士であるアンディー・グリーン (Andy Green) がこの車のハンドルを握る地であり、そして世界最速記録を塗り替えようとする地でもある。

しかし、彼は辛抱強く待たなければならない。来年になって南アフリカへ行くまで、イギリスでこなさなければならない試験が数多く残っているためだ。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。