ラグビーW杯、南アフリカがサモアに圧勝

6トライを決めて46対6

 9月26日、ラグビーのW杯イングランド大会、1次リーグB組では前回日本に敗れた南アフリカがサモアに46─6で圧勝。写真はトライを喜ぶ南アフリカの選手たち(2015年 ロイター)

[バーミンガム 26日 ロイター] - ラグビーのワールドカップ(W杯)イングランド大会は26日、各地で1次リーグの試合を行い、B組では前回日本に敗れた南アフリカがサモアを46─6で下した。

南アフリカは先週末の初戦で日本に32─34で敗戦。しかしこの日は6トライを決めて圧勝した。

南アフリカは1勝1敗でトップの勝ち点7。サモアは日本と同じ勝ち点4。

日本は10月3日、サモアと対戦する。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。