ジョーンズ監督「敗戦の責任はすべて自分に」

日本の次戦は10月3日にサモアと

 9月24日、ラグビーのW杯イングランド大会で23日にスコットランドに10─45の完敗を喫した日本代表のエディー・ジョーンズ監督は、敗戦の責任はすべて自分にあると発言した(2015年 ロイター)

[ロンドン 24日 ロイター] - ラグビーのワールドカップ(W杯)イングランド大会で23日、スコットランドに10─45の完敗を喫した日本代表のエディー・ジョーンズ監督は24日、敗戦の責任はすべて自分にあると発言した。

ジョーンズ監督は「振り返ってみると、いくつかのことを間違えていたようだ。セレクションを見誤り、メンタルの準備も方法を間違えていた。それらはすべて私の責任」とコメント。

一方で、「みんな結果にはがっかりしているが、切り替えて次の試合に進むこともW杯の一部。大会前に2試合を終えて1勝1敗になると知らされていたら、喜んで受け入れていただろう。準々決勝進出という目標に向けて、われわれはいい位置につけている」と語った。

ジョーンズ監督は続けて、南アフリカ戦の歴史的金星の影響で、大会前には想像できなかったほどの注目を浴びるようになり、集中力を少し失ってしまったかもしれないとも分析。「それを取り戻させることが自分の仕事」と話した。

日本の次戦は10月3日、サモアと対戦する。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。